【薬剤編】必要なものはコレ!救急カートの薬剤・物品一覧

救急カートに入っている薬剤について、使用方法やポイントなどを薬剤画像を交えて、わかりやすく解説します! 

※本記事は、患者さんが成人の場合を前提にした内容です。

 

救急カートの「物品」一覧はこちら

 

執筆:宇野翔吾(株式会社日立製作所 日立総合病院 看護局 救命救急センター 救急看護認定看護師)

監修:小山泰明(株式会社日立製作所 日立総合病院 救急集中治療科 主任医長)

 

救急カート内の薬剤一覧

救急カートに入っている主な薬剤は、次のとおりです。

 

 

救急カートに入っている主な薬剤の使用方法やポイント

救急カートに入っている主な薬剤について、使用方法やポイントは以下のとおりです。

 

昇圧薬

ボスミン®注1mg

(第一三共株式会社提供)

 

【一般名】

アドレナリン
 

【形態】

アンプル
 

【区分】

劇薬
 

【単位・量】

1mg/1mL
 

【作用】

α1作用(血管収縮)、β1β2作用(心拍数上昇・心収縮力増強作用、気管支拡張作用)
 

【使用シーン】

心停止、心拍再開後、ショック、アナフィラキシーなど。
 

【使用方法】

①心停止時:原液投与、1回1A、1mg/mL。3~5分ごとに反復投与1)

②ショック時・心拍再開後:生理食塩液で希釈。※濃度は医師の指示を確認!

③アナフィラキシー時:原液投与、成人は最大投与量0.5mg/mL2)
 

【ポイント】

  • 心停止時の第一選択薬!使用時は1A原液使用!
  • アナフィラキシー時の唯一の治療薬!大腿部中央の前外側へ筋注する2

 

アドレナリン注0.1%シリンジ「テルモ」

(テルモ株式会社提供)

 

【形態】

プレフィルドシリンジ
 

【使用シーン】

心停止時
 

【使用方法】

心停止時:原液投与、1回1本、1mg/mL。3~5分ごとに反復投与1)
 

【ポイント】

心停止時は、包装を開けたら、即座に静注でき時間短縮になる!

※区分や作用は「ボスミン®注1mg」と同じ。

 

ノルアドリナリン®注1mg

(アルフレッサ ファーマ株式会社提供)

 

【一般名】

ノルアドレナリン
 

【形態】

アンプル
 

【区分】

劇薬
 

【単位・量】

1mg/1mL
 

【作用】

強力なα1作用(血管収縮)
 

【使用シーン】

敗血症性ショック、循環血液量減少性ショック
 

【使用方法】

ショック時など:生理食塩液で希釈。

※濃度は医師の指示を確認!
 

【ポイント】

  • ノルアドリナリンは、必ず希釈して使用する!(原液使用することはない)
  • 敗血症性ショックを含め、ショック時の第一選択薬3)

 

イノバン®注0.3%シリンジ

(協和キリン株式会社提供)

 

【一般名】

ドパミン塩酸塩(別名:DOA)
 

【形態】

プレフィルドシリンジ
 

【区分】

劇薬
 

【濃度・単位・量】

0.3%、150mg/50mL

※濃度に注意
 

【作用】

α1作用(血管収縮)、β1作用(心拍数上昇・心収縮力増強作用)、D1作用(腎血管拡張作用)。
 

【使用シーン】

ショック、急性心不全など。
 

【使用方法】

原液投与。1~5μg/kg/分で病態に応じ20μg/kgまで増量可。原則、側管から使用するため希釈、混注などは不要。シリンジポンプでの投与が必要。
 

【ポイント】

投与量に応じて効果が変わる!体重50㎏の人の場合、以下のとおり。

【3γ(3.0mL/h)まで】

腎血流量増加がメイン

【3~10γ(3.0mL/h~10mL/h)】

→β1作用(心拍数上昇・心収縮力増強作用)がメイン、用量依存的にα1作用(血管収縮)も増加

【10γ(10mL/h)以上】

→α1作用(血管収縮)がメイン

 

【注意点】

  • 施設によっては、ドパミン塩酸塩点滴静注液(アンプル)やカコージン®注(バッグタイプ)を使用していることがある。

  • 同じ急性循環不全を改善する目的で、ドブタミン塩酸塩注射液(ドブタミン持続静注(シリンジ)、ドブポン®注(シリンジ)など)を使用するケースもあり。

 

薬剤一覧に戻る

 

抗不整脈薬

アミオダロン塩酸塩静注150mg「TE」

(トーアエイヨー株式会社提供)

 

【一般名】

アミオダロン塩酸塩
 

【形態】

アンプル 
 

【区分】

劇薬
 

【単位・量】

150mg/3mL
 

【作用】

K⁺イオン(脈拍に関する電気信号の一つ)抑制作用。
 

【使用シーン】

無脈性心室頻拍(pVT)/心室細動(VF)を伴う心停止時、循環動態不安定時の心室頻拍(VT)。
 

【使用方法】

①心停止時:原則、原液で使用。初回投与量300mg、2回目150mg。

※医師によっては、5%ブドウ糖液で希釈する場合あり。

②循環動態不安定時の心室頻拍:5%ブドウ糖液で希釈し投与。

※濃度は医師の指示を確認!
 

【注意点】

  • 心停止の場合は、原液で初回300mg投与。アミオダロンを2A使用。
  • アミオダロンは生理食塩液に溶解しないため、心停止時以外では、5%ブドウ糖液に混注し投与。

 

リドカイン静注用2%シリンジ「テルモ」

(テルモ株式会社提供)

 

【一般名】

リドカイン塩酸塩
 

【形態】

プレフィルドシリンジ
 

【区分】

劇薬
 

【濃度・単位・量】

2%、100mg/5mL

※濃度に注意
 

【作用】

Na⁺イオン(脈拍に関する電気信号の一つ)抑制作用。
 

【使用シーン】

無脈性心室頻拍(pVT)/心室細動(VF)を伴う心停止時、心室頻拍(VT)/上室性頻拍(SVT)、心筋梗塞時の心室性不整脈予防など。
 

【使用方法】

心停止時:原液投与。初回投与1~1.5mg/kg。希釈、混注などは不要。
 

【ポイント】

アミオダロンと同じ抗不整脈薬!アミオダロンと同等に使用可能!

 

薬剤一覧に戻る

 

抗けいれん薬(ベンゾジアゼピン系抗不安薬)

ジアゼパム注射液10mg「NIG」

(日医工株式会社提供)

 

【一般名】

ジアゼパム
 

【形態】

アンプル 
 

【区分】

向精神薬
 

【単位・量】

10mg/2mL
 

【作用】

抗けいれん作用、鎮静作用など
 

【使用シーン】

けいれん、鎮静時など。
 

【使用方法】

けいれん時:初回10mgをゆっくり原液投与。その後、必要に応じて3~4時間ごとに投与。
 

【ポイント】

呼吸抑制がかかりやすいため、使用時は必ずモニターを装着し、バッグバルブマスクと救急カートを準備!
 

【注意点】

  • ベンゾジアゼピン系薬剤のため、せん妄発生に注意。
  • 生理食塩液やブドウ糖液で、希釈はしない。

 

ミダゾラム注10㎎「サンド」

(サンド株式会社提供)

 

【一般名】

ミダゾラム
 

【形態】

アンプル 
 

【区分】

向精神薬
 

【単位・量】

10mg/2mL
 

【作用】

抗けいれん作用、鎮静作用など。
 

【使用シーン】

鎮静、全身麻酔導入・維持など。
 

【使用方法】

0.03〜0.18mg/kg/h(推奨)より持続静脈内投与を開始し、患者さんの鎮静状態をみながら適宜増減。
 

【ポイント】

使用時は必ずモニターを装着し、バッグバルブマスクと救急カートを準備。
 

【注意点】

  • ベンゾジアゼピン系薬剤のため、せん妄発生に注意。
  • 筋弛緩作用があるため、舌根沈下に注意。

 

薬剤一覧に戻る

 

抗コリン薬(副交感神経遮断薬)

アトロピン注0.05%シリンジ「テルモ」

(テルモ株式会社提供)

 

【一般名】

アトロピン硫酸塩水和物
 

【形態】

プレフィルドシリンジ
 

【区分】

劇薬
 

【単位・量】

0.5mg/1mL
 

【作用】

抗コリン作用、心臓に対し高用量では心拍数を増加。
 

【使用シーン】

徐脈(II度以上の房室ブロック、胸部症状やショック徴候などの症状がある徐脈)、房室伝導障害、有機リン系中毒など。
 

【使用方法】

徐脈時:初回1mgを静注、3~5分ごとに最大3mgまで反復投与4)

※医師の指示に従うこと。
 

【ポイント】

希釈して使用することはない。

 

薬剤一覧に戻る

 

カルシウム製剤

カルチコール®注射液8.5%5mL

(日医工株式会社提供)

 

【一般名】

グルコン酸カルシウム水和物
 

【形態】

ポリアンプル
 

【区分】

規制なし
 

【濃度・単位・量】

8.5%、5mL
 

【作用】

カルシウム補充、リン排泄作用。
 

【使用シーン】

低カルシウム血症、テタニー、高リン血症、副甲状腺機能低下症マグネシウム中毒など。
 

【使用方法】

希釈や混注はせず、単独静脈内投与。

※投与量は医師の指示を確認。
 

【ポイント】

  • 例外的に、高カリウム血症に対し使用する場合があるが、心筋膜の安定化作用により、膜電位の閾値を下げ、心室細動を予防することが目的。
  • 大量輸血時、血圧低下や心収縮性減少、低カルシウム血症が明らかな場合に、グルコン酸カルシウムによりカルシウム補充を行うことがある5)
  • マグネシウム中毒の第一選択治療薬。

薬剤一覧に戻る

 

副腎皮質ステロイド

ソル・コーテフ®注射用100mg

(ファイザー株式会社提供)

 

【一般名】

ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム
 

【形態】

バイアル
 

【区分】

規制なし
 

【単位・量】

100mg/2mL

※溶解液を全量使用した場合
 

【作用】

抗ショック作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗体産生の抑制作用など。
 

【使用シーン】

ショック、気管支喘息、アナフィラキシーなど。
 

【使用方法】

専用の溶解液(注射用水)で溶解する。

※投与量は医師の指示を確認。
 

【ポイント】

急性循環不全(出血性/敗血症性ショック)に対して、血小板凝集阻止に加え、血管や肺の保護のために使用する場合がある。

 

ソル・メドロール®静注用 125mg

(ファイザー株式会社提供)

 

【一般名】

メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム
 

【形態】

バイアル
 

【区分】

規制なし
 

【単位・量】

125mg/2mL

※溶解液を全量使用した場合
 

【作用】

抗炎症作用、免疫抑制作用、抗ショック作用など。
 

【使用シーン】

急性循環不全(出血性/敗血症性ショック)、気管支喘息など。
 

【使用方法】

専用の溶解液(注射用水)で溶解する。

※投与量は医師の指示を確認。
 

【ポイント】

ARDSや間質性肺炎などの治療で行われる、ステロイドパルス療法に使用する薬剤の一つ。

 

薬剤一覧に戻る

 

アシドーシス補正用製剤

メイロン静注7% 250mL

(株式会社大塚製薬工場提供)

 

【一般名】

炭酸水素ナトリウム注射液
 

【形態】

バッグ
 

【区分】

処方箋医薬品

 

【濃度・単位・量】

7%、250mL

 

【作用・使用シーン】

  • 薬物中毒の際の排泄促進(ただし、pHの上昇により尿中排泄が促進される薬物に限る)

  • アシドーシス改善

 

【使用方法】

希釈や混注はしない。バッグタイプは、輸液ルートに接続し、静脈内投与可能。
 

【ポイント】
乳酸アシドーシスが生じている場合、メイロン投与でHCO₃-が補正される。
 

【注意点】
カルシウムイオンと沈殿が生じるため、カルシウム塩を含む製剤(カルチコール®など)と配合はしない。カルチコール®を投与する場合は、メイロン投与終了後に行う。

 

薬剤一覧に戻る

 

等張電解質輸液(細胞外液補充液)

ソルラクト®輸液、ラクテック®

(テルモ株式会社提供)

(株式会社大塚製薬工場提供)

 

【一般名】

 L-乳酸ナトリウムリンゲル液

 

【形態】

バッグ  
 

【区分】

処方箋医薬品

 

【単位・量】

mL
 

【作用】

細胞外液(組織間液、血漿)の量を増やす作用。
 

【使用シーン】

循環血液量減少時の細胞外液の補給・補正、代謝性アシドーシスの補正など。
 

【使用方法】

輸液ルートに接続し、静脈内投与可能。
 

【ポイント】

心肺蘇生時、ショック時などは細胞外液補充液(乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液、生理食塩液)が第一選択!

 

【注意点】

リンゲル液の場合、Kイオンや乳酸も含まれている場合があるため、患者さんによっては大量輸液の場合に注意が必要。

 

生理食塩液「ヒカリ」500mL

(光製薬株式会社提供)

 

【一般名】

塩化ナトリウム
 

【形態】

バッグ
 

【区分】

規制なし
 

【単位・量】

mL
 

【作用】

細胞外液(組織間液、血漿)の量を増やす作用など。
 

【使用シーン】

細胞外液欠乏時、ナトリウム欠乏時、クロール欠乏時、注射剤の溶解希釈剤など。
 

【使用方法】

輸液ルートに接続し、静脈内投与可能。
 

【ポイント】

  • 心肺蘇生時、ショック時などは細胞外液補充液(乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液、生理食塩液)が第一選択!
  • Kイオンや乳酸が含まれていないため、透析患者さんや著明なアシドーシスがある患者さんでも使用しやすい。

薬剤一覧に戻る

 

局所麻酔薬

キシロカイン®ゼリー2%

(サンド株式会社提供)

 

【一般名】

リドカイン
 

【形態】

ゼリー
 

【区分】

なし
 

【使用方法】

挿管チューブのカフ付近に十分塗布し、挿管時の刺激をやわらげるために使用する。挿管チューブの声帯通過をスムーズにする。

 

【その他】

キシロカイン®にはスプレータイプもある。その場合は直接咽頭部へ噴霧し、気道粘膜への表面麻酔に用いる。

 

薬剤一覧に戻る

 

抗血栓薬

ヘパリンNaロック用10単位/mLシリンジ「オーツカ」10mL

(株式会社大塚製薬工場提供)

 

【一般名】

ロック用ヘパリンナトリウム液
 

【形態】

プレフィルドシリンジ
 

【区分】

生物由来製品、処方箋医薬品

 

【単位・量】

10mL 
 

【作用】

血液凝固抑制作用
 

【使用方法】

静脈内留置ルート内の血液凝固防止のため、シュアプラグ®などの接続部に接続し、ゆっくり注入する。

 

薬剤一覧に戻る

 

症状別 使用薬剤と希釈する薬剤一覧

症状別 使用薬剤

症状によって使用する薬剤は異なります。

上記の救急カートに入っている主な薬剤をもとに、症状別の使用薬剤を一覧表にまとめたので、ぜひ覚えておきましょう!

 

希釈が必要な薬剤一覧

心拍再開後やショック時などは、バイタルサインの程度により希釈濃度を変更する必要があります。
希釈に使用するものは以下のとおりです。

 

目次に戻る

 

注意点

  • 所属先施設によって、救急カートに入っている薬の種類や量が異なる場合があります。所属先の方針に従ってください。
  • 本記事は患者さんが成人の場合を前提にした内容です。
  • 記事中の薬剤解説については、2024年1月時点で公開されている最新の添付文書をもとに作成しています。薬剤の使用に当たっては、最新の添付文書等も併せて確認をお願いします。
  • 本記事は医療関係者の方を対象にした記事です。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

 

編集:看護roo!編集部 宮本諒介

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆パーキンソン病治療薬や抗精神病薬を服用している患者さんに起こりやすいとされる不随意運動で、自分の意思とは関係なく口をすぼめたり手足が勝手に動いたりするものはどれでしょうか?

  1. アテトーゼ
  2. ヘミバリスム
  3. バリズム
  4. ジスキネジア

11235人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8895人の年収・手当公開中!

給料明細を検索