看護用語辞典 ナースpedia

ナースpedia(ナースペディア)は、看護師さん専用の用語辞典。
わからない言葉をサクッと調べることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近掲載された用語

抗真菌薬
真菌薬(こうしんきんやく、antimycotic drug)とは、真菌の増殖を阻害する薬剤である。 抗真菌薬は、人と同じ真核細胞からなる真菌を攻撃する薬剤であるため、どうしても人の細胞も攻撃することとなり、結果、…
真菌感染症
真菌感染症(しんきんかんせんしょう、mycotic infection)とは、真菌の接着や侵入により生じる感染症である。 内臓や血液などの深部臓器に真菌が感染する深在性真菌症と、表皮や粘膜に限局する表在性(浅在性)真…
真菌
真菌(しんきん、mycotic)とは、いわゆる「かび」、および酵母やキノコも含む一群の微生物を指す。 知られているだけで7万種、未知のものも含めると150万種に及ぶと考えられている。土壌、水、空気などの自然環境…
サルモネラ菌
サルモネラ菌(さるもねらきん、Salmonella)とは、グラム陰性桿菌の一種である。腸炎を起こすSalmonella entericaのほかに腸チフスの原因となるS. typhiやパラチフスの原因となるS. paratyphiがある。腸チフスは…
尿道炎
尿道炎(にょうどうえん、urethritis)とは、膀胱から尿が排泄されるときに通る管である、尿道の感染症である。 【原因】 細菌、ウイルス、原虫などが原因となる。性行為によって感染するため、性感染症として…
フィブリノイド変性
フィブリノイド変性(ふぃぶりのいどへんせい、fibrinoid degeneration)とは、血管壁などの結合組織に免疫グロブリン、補体成分、フィブリンなどが沈着した病変のことである。フィブリン様変性、線維素様変性、類…
CX3CL1
CX3CL1(しーえっくすさんしーえるいち)とは、細胞膜結語型ケモカインの一つである。別名Fractalkine(フラクタルカイン)とも呼ばれている。
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(こうさんきゅうせいたはつけっかんえんせいにくげしゅしょう、eosinophilic granulomatosis with polyangiitis;EGPA)とは、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などが先行しその後に末梢…
巨細胞性動脈炎
巨細胞性動脈炎(きょさいぼうせいどうみゃくえん、giant cell arteritis、GCA)とは、頚動脈の頭蓋外分枝の中型血管に好発する血管炎である。浅側頭動脈や眼動脈などが障害される。特に眼動脈がおかされると失明す…
リツキシマブ
リツキシマブ(りつきしまぶ、Rituximab)とは、抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体からなるモノクローナル抗体である。リツキシマブは分子標的治療薬の一つとして様々な悪性腫瘍(がん)に対する治療薬として広く使…
このエントリーをはてなブックマークに追加