看護用語辞典 ナースpedia

ナースpedia(ナースペディア)は、看護師さん専用の用語辞典。
わからない言葉をサクッと調べることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近掲載された用語

抗ヒスタミン薬
ヒスタミン薬(こうひすたみんやく、histamine antagonist)とは、抗アレルギー薬の一つで、肥満細胞や好塩基球から遊離される化学伝達物質であるヒスタミンに対する受容体拮抗薬である。通常はH1受容体拮抗薬を…
食物アレルギー
食物アレルギー(しょくもつあれるぎー、food allergy)とは、食事によって引き起こされる抗原特異的な免疫学的機序を介して、生体にとって不利益な症状が引き起こされる現象である。 【原因】 日本の食物アレ…
アレルギー性紫斑病
アレルギー性紫斑病(あれるぎーせいしはんびょう、allergic purpura)とは、主に臀部と下肢に分布する触知可能な紫斑、関節痛、消化管症状、糸球体腎炎が特徴的な非血小板減少性の全身性の小血管炎である。ヘノッ…
CD40
CD40とは、B細胞に発現する細胞表面糖タンパク質である。 CD40とT細胞に発現するCD40リガンドが相互作用すると、B細胞の増殖、分化、クラススイッチが引き起こされる。
CD25
CD25とは、制御性T細胞のマーカーとして重要なタンパク質の一つである。なお、CD25分子は、活性化T細胞などにも発現され、IL-2レセプターα鎖としても機能する。
CD20
CD20とは、B細胞のマーカーである。 B細胞に発現し、活性化や増殖シグナルを提供する。
CD14
CD14とは、主に単球やマクロファージに発現するタンパク質である。 CD14は、グラム陰性菌の表面に存在するリポ多糖(Lipopolysaccharide;LPS)に結合し、Toll様レセプター(Toll-like receptor;TLR)による認識…
CD8
CD8とは、細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)のマーカーである。 T細胞は胸腺で発生し、T細胞レセプター(TCR)を持つリンパ球である。抗原刺激を受けて活性化したエフェクターT細胞は、免疫系で多彩な機能を発揮する…
CD4
CD4とは、ヘルパーT細胞のマーカーである。 T細胞とは、胸腺で発生し、T細胞レセプター(TCR)を持つリンパ球である。抗原刺激を受けて活性化したエフェクターT細胞は、免疫系で多彩な機能を発揮する。 T細胞は機…
CD3
CD3とは、T細胞レセプターの構成成分である。T細胞のマーカーとして最も汎用される。 T細胞とは、免疫応答の始動、調節、制御において中心的役割を果たす細胞(リンパ球)である。すべてのT細胞に共通で固有なマー…
このエントリーをはてなブックマークに追加