看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ステロイド

ステロイドとは・・・

最終更新日 2018/02/21

ステロイド(すてろいど、steroid)とは、広義では性ホルモン副腎皮質ホルモンなどのステロイド骨格を有する化合物の総称である。狭義では副腎で合成されるステロイドホルモンを配合した副腎皮質ステロイド薬(ステロイド薬)を意味し、ステロイドとよぶ際には後者を指すことが多い。

ステロイド薬は、抗炎症および免役抑制作用があり、アレルギー疾患の治療などに用いられる。

【ステロイド薬の作用】
副腎皮質では、グルココルチコイド(コルチゾールなど)、ミネラルコルチコイド(アルドステロン)、副腎アンドロゲン前駆体(デヒドロエピアンドロステロン〈DHEA〉など)の3つの系統の副腎皮質ステロイドホルモンが産生される。グルココルチコイドとミネラルコルチコイドには、生理的ストレスならびに循環動態、体液バランスや電解質の恒常性を保つ作用がある。

ステロイドホルモンは、転写因子として特定の遺伝子発現(タンパク合成)を調節することにより、多様な作用を発揮する。薬剤としてのステロイドはこれらの作用のうち、炎症性メディエーターなどの発現の制御(抗炎症・免疫抑制)を目的として投与される。

【ステロイド薬の種類】
下記に、臨床で全身投与に用いられる主なステロイド薬を示した。
各ステロイドの主な違いは①力価、②副作用の軽減(グルココルチコイドとは受容体の異なるミネラルコルチコイド作用(電解質作用)の分離)である。各ステロイドの1錠中には基本的にヒトの1日の分泌量であるヒドロコルチゾン20mgに相当する量が含まれる。

表1ステロイドの種類(ヒドロコルチゾンの力価を1とする)

【ステロイド薬の副作用】
ステロイドは多くの薬理作用を合わせ持つ。臨床で使用する場合は抗炎症および免疫抑制作用を目的としているが、その一方で多くの副作用が存在するのも事実であり、特に免疫抑制作用は患者の病態によっては感染症の原因となるので、注意が必要である。
■重症の副作用
 易感染性
 骨粗鬆症
 動脈硬化病変
 副腎抑制によるステロイド離脱症候群
 消化性潰瘍
 耐糖能低下(二次性糖尿病
 精神症状(抑うつ、不安、不眠、多幸)
■軽症の副作用
 異常脂肪沈着(中心性肥満、満月様顔貌、野牛肩)
 多毛、皮下出血、痤瘡、皮膚線条、皮膚萎縮、発汗異常
 後嚢白内障、緑内障、眼球突出
 浮腫、高血圧うっ血性心不全、不整脈
 ステロイド筋症
 月経異常
 白血球増加

執筆

佐々木朗

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 医師

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

センサーマットとの攻防

患者さんとセンサーマットの戦いは、看護師たちを焦らせる… [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合はどうする? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1156
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1163
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1202
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1081
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
1076
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
941
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
777
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日

わたしの幸せ自慢!

投票数:
277
実施期間:
2018年12月18日 2019年01月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3936

あなたは病棟に勤務している看護師です。病室に入ると「点滴が間違っているじゃないか」と患者さんに大きな声で訴えられました。名前ラベルを見ると確かに別の患者さんの点滴でした。このときの対応として、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.「申し訳ありません」と謝り、すぐに点滴を止める。気分は悪くないかなど、患者さんの状態の観察を行い、上司と医師に別の患者さんの点滴と間違っていたことを報告すると説明した。
  • 2.点滴をすぐに正しいものに交換し、内容は同じなので問題ないと説明した。
  • 3.すぐにナースステーションに戻り、師長に「患者さんが、点滴が間違っていると怒っている」と報告し、対応を依頼した。
  • 4.注射箋を確認すると、ラベルは間違っているが、点滴内容は同じであることが分かったので、患者さんにはこのままで問題ないことを説明した。
今日のクイズに挑戦!