看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ステロイド

ステロイドとは・・・

最終更新日 2018/02/21

ステロイド(すてろいど、steroid)とは、広義では性ホルモンや副腎皮質ホルモンなどのステロイド骨格を有する化合物の総称である。狭義では副腎で合成されるステロイドホルモンを配合した副腎皮質ステロイド薬(ステロイド薬)を意味し、ステロイドとよぶ際には後者を指すことが多い。

ステロイド薬は、抗炎症および免役抑制作用があり、アレルギー疾患の治療などに用いられる。

【ステロイド薬の作用】
副腎皮質では、グルココルチコイド(コルチゾールなど)、ミネラルコルチコイド(アルドステロン)、副腎アンドロゲン前駆体(デヒドロエピアンドロステロン〈DHEA〉など)の3つの系統の副腎皮質ステロイドホルモンが産生される。グルココルチコイドとミネラルコルチコイドには、生理的ストレスならびに循環動態、体液バランスや電解質の恒常性を保つ作用がある。

ステロイドホルモンは、転写因子として特定の遺伝子発現(タンパク合成)を調節することにより、多様な作用を発揮する。薬剤としてのステロイドはこれらの作用のうち、炎症性メディエーターなどの発現の制御(抗炎症・免疫抑制)を目的として投与される。

【ステロイド薬の種類】
下記に、臨床で全身投与に用いられる主なステロイド薬を示した。
各ステロイドの主な違いは①力価、②副作用の軽減(グルココルチコイドとは受容体の異なるミネラルコルチコイド作用(電解質作用)の分離)である。各ステロイドの1錠中には基本的にヒトの1日の分泌量であるヒドロコルチゾン20mgに相当する量が含まれる。

表1ステロイドの種類(ヒドロコルチゾンの力価を1とする)

【ステロイド薬の副作用】
ステロイドは多くの薬理作用を合わせ持つ。臨床で使用する場合は抗炎症および免疫抑制作用を目的としているが、その一方で多くの副作用が存在するのも事実であり、特に免疫抑制作用は患者の病態によっては感染症の原因となるので、注意が必要である。
■重症の副作用
 易感染性
 骨粗鬆症
 動脈硬化病変
 副腎抑制によるステロイド離脱症候群
 消化性潰瘍
 耐糖能低下(二次性糖尿病
 精神症状(抑うつ、不安、不眠、多幸)
■軽症の副作用
 異常脂肪沈着(中心性肥満、満月様顔貌、野牛肩)
 多毛、皮下出血、痤瘡、皮膚線条、皮膚萎縮、発汗異常
 後嚢白内障、緑内障、眼球突出
 浮腫、高血圧うっ血性心不全、不整脈
 ステロイド筋症
 月経異常
 白血球増加

執筆

佐々木朗

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 医師

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
887
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
822
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
704
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
197
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2825

気管挿管時に声門の全体像が見えにくい場合、介助者が行うBURP法。このBURP法はそれぞれ何の頭文字をとったものか、以下の中で間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.Backward:後方
  • 2.Upward:頭側
  • 3.Ring:輪状
  • 4.Pressure:押す
今日のクイズに挑戦!