看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アレルギー

アレルギーとは・・・

最終更新日 2018/02/21

アレルギー(あれるぎー、allergy)とは、免疫反応の結果もたらされる生体の傷害のことである。

免疫とは、異物(非自己)を識別して攻撃し排除する防御システムである。例えば、体内に侵入した微生物(ウイルスや細菌)を識別して攻撃し生体を感染から守るシステムとして機能している。その免疫反応が生体に対して不利に働き、生体が障害される場合をアレルギーという。アレルギーは、本来排除不要な食物や花粉等に対して過剰に反応するため問題となる。アレルギー疾患は近年増加している。

アレルギー反応にはさまざまなものがあり、1963年にCoombsとGellが提唱した4つの分類法(I~IV)が、現在でも広く用いられている。症状発現までの時間でみると、I型は即時型アレルギーであり、Ⅳ型が遅延型アレルギーに属する。また。I~III型は液性免疫(抗体・免疫グロブリン)が関与し、Ⅳ型のみ細胞性免疫が関与する。

■I型アレルギー
I型アレルギーの発生は、「感作」と「誘発」の2段階に分けられる。「感作」とは抗原に特異的なIgE抗体がつくられることであり、「誘発」とは抗原抗体反応によって症状が生じることをいう。I型アレルギー反応を起こすような抗原を「アレルゲン」と呼ぶ。誘発反応時間は15~30分と短く「即時型アレルギー」とも呼ばれる。
主な関連疾患:蕁麻疹食物アレルギー、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎アナフィラキシーショック

■II型アレルギー
抗体(IgG抗体・IgM抗体)が自己の細胞に結合することで、補体の活性化やマクロファージによる貪食などを引き起こし、細胞を傷害する。「細胞障害型アレルギー」とも呼ばれる。
主な関連疾患:自己免疫性溶血性貧血(AIHA)、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、グッドパスチャー症候群、Rh不適合妊娠、慢性甲状腺炎、バセドウ病

■III型アレルギー
抗原と抗体(IgG抗体・IgM抗体)が結合したものを免疫複合体という。免疫複合体が組織に沈着した結果、補体や好中球が活性化し組織傷害を引き起こす。「免疫複合体型アレルギー」とも呼ばれる。
主な関連疾患:血清病、全身性エリテマトーデス(ループス腎炎)、急性糸球体腎炎、過敏性肺臓炎、アルサス反応

■IV型アレルギー
抗原を記憶した感作T細胞が再び同じ抗原に刺激されると、サイトカイン等の産生を介して細胞性免疫を誘導し、組織障害や肉芽腫形成を起こす。I~III型アレルギーが液性免疫であるのに対し、Ⅳ型アレルギーは細胞性免疫がかかわり、リンパ球の集合・増殖・活性化などに時間が掛かるため、遅延型アレルギーと呼ばれる。
主な関連疾患:接触性皮膚炎移植片対宿主病(GVHD)、結核(ツベルクリン反応)

執筆

佐々木 朗

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター小児救急フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者830

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!