最終更新日 2018/10/29

アドレナリン

アドレナリンとは・・・

アドレナリン(あどれなりん、adrenaline)とは、副腎髄質から分泌されるホルモンの一種である。アドレナリンやノルアドレナリンなどを総称してカテコールアミンと呼ぶ。

【働き】
アドレナリンは、昇圧薬として利用されるホルモンで、交感神経系の作用を増強して心拍数増加、心収縮力増加、末梢血管収縮などを引き起こす。

【関連疾患】
関連疾患としては、アドレナリンを含めたカテコールアミンの産生腫瘍である褐色細胞腫が有名である。あらゆる年代にみられ、高血圧などが原因で発見されることがある。

執筆: 小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ