看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ヘパリン

ヘパリンとは・・・

最終更新日 2018/11/08

ヘパリン(へぱりん、heparin)とは、ムコ多糖体の一種である。肝細胞から発見されたことから「heparin(heparoは「肝の」という意味)」と呼ばれるようになったが、小腸や肺にも多く存在する。

強力な抗凝固作用を持ち、薬剤としても用いられる。トロンビン(血液凝固に関与する)の働きを阻害するアンチトロンビンⅢの作用を促進する。播種性血管内凝固症候群、血栓塞栓症、人工透析などの治療で用いられる。

臨床では、血管内にカテーテルを留置中に輸液を投与しない時間がある場合、カテーテルを閉塞させないよう、ヘパリン加生理食塩水をカテーテル内に充填し「ヘパリンロック」を行うことがある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

全国の病院に聞きました「看護師の採用、増やす?減らす?」

いずれ看護師余りの時代が!?病院ナースの採用…これからどうなる? [ 記事を読む ]

認知症とうつ状態・せん妄の違いは?

認知症に似た2つの症状…。見分けるポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ここを褒めて!あなたの褒めてほしいポイントは?

投票数:
1265
実施期間:
2019年05月28日 2019年06月18日

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1246
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1086
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1062
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
968
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
801
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者756

びらんや浅い潰瘍程度の褥瘡のケアについて最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮下組織に至る創傷用ドレッシング材のハイドロコロイド材を用いた。
  • 2.真皮に至る創傷用ドレッシング材のハイドロジェルを使用した。
  • 3.スルファジアジン銀含有クリームを使用した。
  • 4.ポリウレタンフォーム材を使用した。
今日のクイズに挑戦!