看護用語辞典 ナースpedia キーワード:血漿

血漿とは・・・

最終更新日 2018/04/20

血漿(けっしょう)は、血液の細胞以外の成分である。血液の約60%を占め、残り40%が血球(赤血球白血球血小板)である。血液を試験管に入れて遠心分離すると上清として得られる黄色い液体成分が血漿である。

細胞の外にある体液をまとめて細胞外液と呼ぶ。体重の約20%にあたり、体重60kgの人では12Lとなる。細胞外液の約3/4は間質液で、約1/4が血管内に存在する血漿である。すなわち体重60kgの人の3L程度が血漿である。血漿と間質液は毛細血管壁の穴を介して常に行き来しており、タンパク質濃度は血漿が高い点を除けば両者の成分はほぼ同じである。

血漿の95%は水で、そのほかにタンパク質、糖、脂質、尿素、乳酸、クレアチニン、ビリルビン、電解質(とくにNa+、CL-、HCO3-、少量のCa++、Mg++、K+)などが存在している。血漿はとくにタンパク質の貯蔵庫として重要であり、浸透圧維持や運搬にかかわるアルブミン、免疫機能維持に関与するグロブリン、止血機能を果たす凝固因子といったタンパク質を含んでいる。

凝固因子の補充目的の輸血用血液製剤として用いられる新鮮凍結血漿(fresh frozen plasma, FFP)は、採血して4時間以内の全血を遠心分離して得た血漿を凍結したものである。

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1371
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
965
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
753
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者564

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!