看護用語辞典 ナースpedia キーワード:心筋梗塞

心筋梗塞とは・・・

心筋梗塞(しんきんこうそく)とは、虚血性心疾患の一つである。心臓の主要な血管である冠動脈が詰まることで血流量の低下や虚血状態が引き起こされ、心筋が壊死する。
心筋梗塞は致死率が30~40%と高く、死亡患者の半数以上は病院到着前、あるいは発症から2時間以内に死亡する。
MI(myocadial infarction)。

冠動脈が詰まって血液の通り道が狭くなるにつれ、運動を避けて安静にしていても突然発作があらわれる不安定狭心症の状態に陥る。冠動脈が極端に狭まると、血液の流れが滞ることによって、血液が固形化した血栓を発生させやすくなる。この血管の狭窄・閉塞によって心筋が虚血状態となり壊死を起こした状態が心筋梗塞である。
心筋梗塞によって壊死した心筋の範囲が広いほど、心臓のポンプ能力が急激に減少し、血圧低下や意識がもうろうとするショック状態に陥って突然死を引き起こす可能性が高くなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
309
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
286
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
266
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
240
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る