看護用語辞典 ナースpedia キーワード:代謝

代謝とは・・・

最終更新日 2019/01/16

代謝(たいしゃ、metaboilsm)とは、生体内で生じる全ての化学変化とエネルギー変換のことである。
さまざまな栄養素が合成・分解されていく過程を指す。代謝の過程を物質の面からみた場合を物質代謝と呼び、エネルギー変化の面からみた場合をエネルギー代謝と呼ぶ。物質代謝には異化と同化の2つの過程がある。エネルギー代謝には基礎代謝・活動代謝・食事誘導性熱代謝の3種類がある。

【物質代謝】
■異化(catabolism)

複雑な有機物をより単純な化合物へと分解して、生命活動に必要なエネルギーを取り出すこと。ブドウ糖・脂肪酸・アミノ酸などを分解して、エネルギーを取り出す。

■同化(anabolism)
より小さい分子から、より大きい分子をつくり出す合成作用。異化と逆の過程である。異化によって生じたエネルギーなどを用いて、生体に必要な分子を合成する。

【エネルギー代謝】
■基礎代謝

呼吸・循環・体温・蠕動運動筋肉の緊張など、生体の基礎機能維持に必要な代謝。

■活動代謝
体を動かすことによってエネルギーを消費すること。

■食事誘導性熱代謝
食事をすることによってエネルギーを消費すること。食物を噛む、食物を腸で消化吸収するなど、食事に関わる生体の働きによって、エネルギーが消費される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • ダイエットに必須!代謝を上げる栄養素とは|サプリナースの救急室【2】[02/18up]

    ちょっとしたカラダの不調を改善させて、もっと元気に毎日を過ごしたい! 家事や子育て、仕事やスキルアップに・・・毎日がんばるナースに効くサプリを、“サプリナース”及川由美子さんに伝授してもらいます。   Vol.... [ 記事を読む ]

  • 骨格筋のエネルギー代謝|骨格筋の機能[04/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 筋収縮の型|骨格筋の機能 今回は、骨格筋のエネルギー代謝について解説します。   Summary 骨格筋は収... [ 記事を読む ]

  • TCA回路|栄養と代謝[10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 解糖系と糖新生|栄養と代謝 今回は、TCA回路について解説します。   〈目次〉 TCA回路 細胞内呼吸 ... [ 記事を読む ]

  • 電子伝達系|栄養と代謝[11/04up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 TCA回路|栄養と代謝   今回は、電子伝達系について解説します。   〈目次〉 電子伝達系 脱共役 ... [ 記事を読む ]

  • 基礎代謝って何?[02/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は基礎代謝に関するQ&Aです。 基礎代謝って何? 私たちは心身ともに安静な状態でも、心臓の拍動や呼吸、腎機能の維持、体温を一定に保つなどで、エネルギーを必要としています... [ 記事を読む ]

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1472
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1317
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1172
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1149
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
1005
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
718
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者748

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!