看護用語辞典 ナースpedia キーワード:代謝

代謝とは・・・

代謝(たいしゃ)とは、生体内で生じる全ての化学変化とエネルギー変換のことである。metaboilsm。
様々な栄養素が合成・分解されていく過程を指す。代謝の過程を物質の面からみた場合を物質代謝と呼び、エネルギー変化の面からみた場合をエネルギー代謝と呼ぶ。物質代謝には異化と同化の2つの過程がある。エネルギー代謝には基礎代謝・活動代謝・食事誘導性熱代謝の3種類がある。

【物質代謝】

■異化(catabolism)
複雑な有機物をより単純な化合物へと分解して、生命活動に必要なエネルギーを取り出すこと。ブドウ糖・脂肪酸・アミノ酸などを分解して、エネルギーを取り出す。

■同化(anabolism)
より小さい分子から、より大きい分子をつくり出す合成作用。異化と逆の過程である。異化によって生じたエネルギーなどを用いて、生体に必要な分子を合成する。

【エネルギー代謝】

■基礎代謝
8時間睡眠後、14-18時間絶食した空腹時における安静覚醒時の完全な休息状態、暑さも寒さも感じない温熱中性状態での新陳代謝のこと。呼吸・循環・体温・蠕動運動・筋肉の緊張など、生体に必要な基礎機能の維持に必要な代謝で、そのエネルギー量を基礎代謝量と言う。

■活動代謝
体を動かすことによってエネルギーを消費すること。

■食事誘導性熱代謝
食事をすることによってエネルギーを消費すること。食物を噛む、食物を腸で消化吸収するなど、食事に関わる生体の働きによって、エネルギーが消費される。

*「新陳代謝」とは、生化学における「代謝」とは異なる意味合いで使われる。生化学の「代謝」は「生体内で生じる化学変化・エネルギー変換」のことであるが、「新陳代謝」は「細胞の入れ替わり」を意味する表現である。転じて、世代交代の意味で使われることもある。

【代謝に関する疾患】

代謝に関する疾患に、先天性代謝異常症がある。先天的に特定の酵素が欠損しているなどの理由により、代謝の働きが阻害され生じる症状で、主な原因は遺伝である。先天性代謝異常症の例は下記の通り。

有機酸代謝異常症
メチルマロン酸血症
プロピオン酸血症
・ベータケトリオラーゼ欠損症
・イソ吉草酸血症
・メチルクロトニルグリシン尿症
・ヒドロキシメチルグルタル酸血症
・複合カルボキシラーザ欠損症
・グルタル酸血症1型

アミノ酸代謝異常症
フェニルケトン尿症
メープルシロップ尿症(楓糖尿症)
・ホモシスチン尿症
・シスチン尿症
・ヒスチジン血症
・チロシン血症
・アルカプトン尿症

糖代謝異常症
ライソゾーム病
  ゴーシェ病
  ムコ多糖症
ガラクトース血症
  ガラクトース-1-リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症
  ガラクトキナーゼ欠損症
  ウリジン二リン酸ガラクトース4-エピメラーゼ欠損症
・糖原病
・フルクトース代謝障害
  フルクトース1-リン酸アルドラーゼ(アルドラーゼB)欠損症
  フルクトキナーゼ欠損症
  フルクトース-1,6-ビスホスファターゼ欠損症
・ピルビン酸代謝障害
  ピルビン酸脱水素酵素欠損症
  ピルビン酸カルボキシラーゼ欠損症
・ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ欠損症
・ピルビン酸キナーゼ欠損症
・ブドウ糖-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • ダイエットに必須!代謝を上げる栄養素とは|サプリナースの救急室【2】[02/18up]

    ちょっとしたカラダの不調を改善させて、もっと元気に毎日を過ごしたい! 家事や子育て、仕事やスキルアップに・・・毎日がんばるナースに効くサプリを、“サプリナース”及川由美子さんに伝授してもらいます。   Vol.... [ 記事を読む ]

  • 栄養素の代謝|食物の流れから理解する(6)[11/10up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、食物の流れから解剖生理を理解するお話の6回目です。 〈前回の内容〉 肝臓のはたらき|食物の流れから理解する(5) 前回は、... [ 記事を読む ]

  • 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝[10/16up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 大腸の働き|消化吸収   今回は、三大栄養素の基本的構造について解説します。   〈目次〉 栄養素 糖... [ 記事を読む ]

  • 異化と同化|栄養と代謝[10/21up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 今回は、異化と同化について解説します。   〈目次〉 異化と同化 異化反... [ 記事を読む ]

  • TCA回路|栄養と代謝[10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 解糖系と糖新生|栄養と代謝 今回は、TCA回路について解説します。   〈目次〉 TCA回路 細胞内呼吸 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

成人肺炎診療ガイドライン2017発表

繰り返す誤嚥性肺炎・終末期肺炎に「治療しない」選択肢が提示されました。 [ 記事を読む ]

経口レスキュー薬の上手な使い方

「痛い? じゃあ飲んでおきましょう」に、もうひと工夫 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分の子どもが「看護師になりたい」と言ったら賛成?

投票数:
603
実施期間:
2017年05月05日 2017年05月26日

配属先、希望は叶った?

投票数:
501
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
454
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
761
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
403
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
303
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者156

心係数2.3/min/m2、肺動脈楔入圧22mmHgの患者さんのフォレスター分類はⅡですが、どのような治療が有効でしょうか?

  • 1.輸液負荷、カテコラミンの投与
  • 2.カテコラミンの投与、IABP、PCPS
  • 3.利尿薬、血管拡張薬
  • 4.安静
今日のクイズに挑戦!