看護用語辞典 ナースpedia キーワード:代謝

代謝とは・・・

最終更新日 2019/09/30

代謝(たいしゃ、metaboilsm)とは、生体内で生じる全ての化学変化とエネルギー変換のことである。
さまざまな栄養素が合成・分解されていく過程を指す。代謝の過程を物質の面からみた場合を物質代謝と呼び、エネルギー変化の面からみた場合をエネルギー代謝と呼ぶ。物質代謝には異化と同化の2つの過程がある。エネルギー代謝には基礎代謝・活動代謝・食事誘導性熱代謝の3種類がある。

【物質代謝】
■異化(catabolism)
複雑な有機物をより単純な化合物へと分解して、生命活動に必要なエネルギーを取り出すこと。ブドウ糖・脂肪酸・アミノ酸などを分解して、エネルギーを取り出す。

■同化(anabolism)
より小さい分子から、より大きい分子をつくり出す合成作用。異化と逆の過程である。異化によって生じたエネルギーなどを用いて、生体に必要な分子を合成する。

【エネルギー代謝】
■基礎代謝
呼吸・循環・体温・蠕動運動筋肉の緊張など、生体の基礎機能維持に必要な代謝。

■活動代謝
体を動かすことによってエネルギーを消費する代謝。

■食事誘導性熱代謝
食事をすることによってエネルギーを消費すること。食物を噛む、食物を腸で消化吸収するなど、食事に関わる生体の働きによって、エネルギーが消費される。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 骨格筋のエネルギー代謝|骨格筋の機能[04/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 筋収縮の型|骨格筋の機能 今回は、骨格筋のエネルギー代謝について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山... [ 記事を読む ]

  • TCA回路|栄養と代謝[10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 解糖系と糖新生|栄養と代謝 今回は、TCA回路について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 電子伝達系|栄養と代謝[11/04up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 TCA回路|栄養と代謝 今回は、電子伝達系について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

  • タンパク質はどのように代謝されるの?[03/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「タンパク質代謝」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   タンパク質はどのように代謝されるの? 食物中のタンパク質はアミノ酸... [ 記事を読む ]

  • 糖質の代謝はどのように行われるの?[02/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「糖質代謝」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   糖質の代謝はどのように行われるの? グルコース(ブドウ糖)はエネルギー源... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1371
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
965
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
753
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者565

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!