看護用語辞典 ナースpedia キーワード:代謝

代謝とは・・・

最終更新日 2019/09/30

代謝(たいしゃ、metaboilsm)とは、生体内で生じる全ての化学変化とエネルギー変換のことである。
さまざまな栄養素が合成・分解されていく過程を指す。代謝の過程を物質の面からみた場合を物質代謝と呼び、エネルギー変化の面からみた場合をエネルギー代謝と呼ぶ。物質代謝には異化と同化の2つの過程がある。エネルギー代謝には基礎代謝・活動代謝・食事誘導性熱代謝の3種類がある。

【物質代謝】
■異化(catabolism)
複雑な有機物をより単純な化合物へと分解して、生命活動に必要なエネルギーを取り出すこと。ブドウ糖・脂肪酸・アミノ酸などを分解して、エネルギーを取り出す。

■同化(anabolism)
より小さい分子から、より大きい分子をつくり出す合成作用。異化と逆の過程である。異化によって生じたエネルギーなどを用いて、生体に必要な分子を合成する。

【エネルギー代謝】
■基礎代謝
呼吸・循環・体温・蠕動運動筋肉の緊張など、生体の基礎機能維持に必要な代謝。

■活動代謝
体を動かすことによってエネルギーを消費する代謝。

■食事誘導性熱代謝
食事をすることによってエネルギーを消費すること。食物を噛む、食物を腸で消化吸収するなど、食事に関わる生体の働きによって、エネルギーが消費される。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝[10/16up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 大腸の働き|消化吸収 今回は、三大栄養素の基本的構造について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県... [ 記事を読む ]

  • 異化と同化|栄養と代謝[10/21up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 今回は、異化と同化について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形... [ 記事を読む ]

  • 電子伝達系|栄養と代謝[11/04up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 TCA回路|栄養と代謝 今回は、電子伝達系について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

  • そもそも代謝って何?[01/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「代謝の仕組み」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   代謝って何? 代謝というのは、生体内で行われる化学反応の総称です。 ... [ 記事を読む ]

  • 基礎代謝って何?[02/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は基礎代謝に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   基礎代謝って何? 私たちは心身ともに安静な状態でも、心臓の拍動や呼吸、腎機能... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1299
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1315
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1193
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1053
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
929
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
600
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者249

◆消化器の問題◆ドレーン挿入中の観察とアセスメントとして適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.ドレーン挿入部の皮膚周囲に発赤や熱感を認めたら、感染ではなく縫合不全を疑う。
  • 2.直腸切除後のダグラス窩ドレーンから膿汁の排液を認めたら、腹腔内感染を疑う。
  • 3.術直後の観察でドレーンから100mL/時以上の血性排液を認めたら、術後出血を疑う。
  • 4.胸腔ドレナージ中に水封室の呼吸性移動が見られない場合は、ドレーンの閉塞を疑う。
今日のクイズに挑戦!