看護用語辞典 ナースpedia キーワード:敗血症

敗血症とは・・・

敗血症(はいけつしょう)とは、肺炎や肝・腎疾患など、感染を起こしている部分から血液中に細菌が流れ込み、全身に及んだ状態を指す。重篤な全身症状を引き起こす。
症状としては、発熱心拍数呼吸数の増加、低血圧意識障害が挙げられ、ショックを引き起こす場合もある(敗血症性ショック)。また、肺や腎、肝が侵されると呼吸不全腎不全肝不全を併発することもある。
敗血症治療は抗菌薬による化学療法が中心となるが、治療が遅れたり重篤な合併症を引き起こしたりしている場合は死に至る恐れのある、重篤な疾患である。
敗血症は全身性炎症反応症候群(SIRS)の1つとされる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
291
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
262
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
230
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
132
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る