看護用語辞典 ナースpedia キーワード:血液凝固

血液凝固とは・・・

最終更新日 2019/02/05

血液凝固(けつえきぎょうこ、blood coagulation)とは、止血の過程の一つで、血小板による血栓の形成に引き続いて起こるものである。

血管が損傷を受けた場合、血管の平滑筋が収縮するとともに、血小板が傷ついた部分に集まり、血栓を作る。この血栓は強いものではないため、引き続いて起こる血液凝固反応によって作られたフィブリンが血小板に強く付着することで、強固な血栓が作られる。

【凝固の過程】
この凝固の第一段階は、プロトロンビンを活性化する因子(=第Xa因子と第Va因子の活性化因子の複合体)の形成である(一次止血)。この活性化因子複合体がプロトロンビンをトロンビンに変える。トロンビンはフィブリノゲンをフィブリン線維に変化させる酵素であり、できたフィブリン線維が血小板に網のようにからみついて凝血塊(血餅)を作る(二次止血)。

活性化因子複合体ができる過程には、外因系と内因系の二種類がある。

■「外因系」
一つは、血管壁や周囲の組織が障害されて起こる「外因系」である。外因系では、障害を受けた組織が組織因子(tissue factor;TF)、あるいは組織トロンボプラスチンと呼ばれるタンパク質の複合体を作り、さらに第VII因子と呼ばれるタンパクと結合して第X因子を活性化し、第Xa因子(aはactivated、活性化された、の意味)を作る。この第Xa因子が第Va因子と結合して前述のごとくプロトロンビンを活性化させる。

■「内因系」
もう一つの過程である「内因系」は、血液自体の問題、あるいは障害を受けた血管壁由来のコラーゲンに血液が接触することによって引き起こされる。第XII因子の活性化と、血小板からのリン脂質の放出がまず起こり、第XI因子、第IX因子が順に活性化される。第IX因子は、第VIII因子や血小板由来のリン脂質とともに第X因子を活性化する。以後の経路は外因系と共通である。

【抗凝固薬】
プロトロンビン(第Ⅱ因子)、第VII因子、第IX因子、第X因子の肝臓での合成にはビタミンKが必要である。ビタミンKの働きを妨げ、抗凝固薬としての作用を発揮するのがワーファリンである。直接経口型抗凝固薬(direct oral anticoagulants;DOAC、新規経口抗凝固薬novel oral anticoagulants;NOAC)と呼ばれる抗凝固薬は、ダビガトランエテキシラートがトロンビン、リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバンが第Xa因子の作用を抑制する。

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 血液凝固(1)|血液と生体防御[07/03up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血小板の働き-血小板凝集 今回は、血液凝固についての解説の1回目です。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

  • 血液凝固(2)|血液と生体防御[07/08up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血液凝固(1) 今回は、血液凝固についての解説の2回目です。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
409
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者833

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!