最終更新日 2020/01/20

リドカイン塩酸塩

リドカイン塩酸塩とは・・・

リドカイン塩酸塩(りどかいんえんさんえん、lidocaine hydrochloride)とは、局所麻酔薬の一つである。商品名はキシロカイン®(Xylocaine)、リドカイン®(Lidocaine)、オリベス®(Olives)などである。

【適応】
最も頻用されている局所麻酔薬であり、作用発現が早く中等度の作用持続性がある。全身投与を行うことで抗不整脈薬としても使用される。

眼科領域では点眼による表面麻酔として使用され、異物除去や角膜の手術を行う際に使用される。また角結膜表面に炎症や傷があり痛みで開眼できない場合などに使用することで鎮痛を行なったのちに診療することが可能になる。

なお、鎮痛薬として使用することはならず、患者へ処方することもならない

【効果】
眼科表面麻酔として使用する

【副作用】
アナフィラキシーショックを引き起こす可能性がある

【禁忌】
アミド型局所麻酔薬に過敏症がある場合には使用してはならない


引用参考文献
1)“キシロカイン点眼液4%”.独立行政法人医薬品医療機器総合機構.

執筆: 水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ