看護用語辞典 ナースpedia キーワード:溶血性貧血

溶血性貧血とは・・・

最終更新日 2018/06/07

溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)とは、赤血球が何らかの原因で破壊されることによって、末梢血中の赤血球数減少、貧血をきたす病態のことである。

【先天性と後天性による分類】
先天性:
・赤血球の膜を構成しているタンパク質の異常(遺伝性球状赤血球症)
・赤血球の酵素の異常(G6PD欠損症、PK異常症)
ヘモグロビンの異常(サラセミア、ポルフィリア)

後天性:
・抗体によるもの(自己免疫性溶血性貧血、新生児血液型不適合、不適合輸血、感染)
・幹細胞の突然変異(発作性夜間ヘモグロビン尿症)
・赤血球の破壊(DIC、人工弁、溶血性尿毒症症候群、TTP)
・脾臓機能亢進(Banti症候群)

【病態による分類】
溶血が起こる部位により、血管外溶血と血管内溶血に分類される。

血管外溶血:
・遺伝性球状赤血球症
・自己免疫性溶血性貧血

血管内溶血:
・G6PD欠損症
・自己免疫性溶血性貧血
・発作性夜間ヘモグロビン尿症
・赤血球破砕諸侯群
・血液型不適合輸血

【症状】
動悸息切れめまい

【検査・診断基準】
検査項目としては以下を確認する。
1)へモグロビン濃度低下
2)網赤血球増加
3)血清間接ビリルビン値上昇
4)尿中・便中ウロビリン体増加
5)血清ハプトグロビン値低下
6)骨髄赤芽球増加

また、臨床所見としての、貧血、黄疸、脾腫なども含めて総合的に診断する。

【治療】
ステロイド、脾摘、免疫抑制薬など。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

後輩指導でぶっちゃけトーク!|看護師のお悩みホンネ座談会【3】

看護roo!サロンで後輩指導をテーマに本音トーク。新人ナースへのメッセージも! [ 記事を読む ]

滴下数の計算、大丈夫?

注入速度が速すぎると呼吸困難や血圧低下を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「現場でのプレッシャーが半端ない!」選手権

投票数:
1217
実施期間:
2019年06月25日 2019年07月16日

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1258
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1165
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1061
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
945
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
837
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者265

以下の中で、気管吸引が禁忌となる患者さんはどれでしょうか?

  • 1.高濃度酸素を投与しても酸素化が維持できない状態の患者さん
  • 2.肝機能に高度の障害がある状態の患者さん
  • 3.頭蓋内圧亢進状態の患者さん
  • 4.気管吸引に絶対的な禁忌はない
今日のクイズに挑戦!