看護用語辞典 ナースpedia キーワード:接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは・・・

最終更新日 2018/07/23

接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)は外来性の物質が皮膚に接触して生じる、皮膚の限局性炎症性変化である。いわゆる「かぶれ」と呼ばれるものである。

【原因】
接触性皮膚炎は一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に大きく分類され、抗原物質の生成に光エネルギーが関与する場合を光接触皮膚炎と呼ぶ。それぞれ、急性の経過をたどる場合と慢性の経過をたどる場合がある。
一次刺激性接触皮膚炎は、原因物質の接触によって皮膚の炎症を誘発する。アレルギー反応ではないため、誰でも発症する。一方、アレルギー性接触皮膚炎は、すでに感作された物質に再接触することで生じる炎症である。
ランゲルハンス細胞などによる抗原(ハプテン)捕獲後、Tリンパ球に情報が伝わり、感作T細胞が誘導される。感作成立後に原因物質が再接触すると、表皮細胞(ケラチノサイト)や感作T細胞がサイトカインを放出し、炎症反応が生じる。原因物質としてはシャンプー、石鹸、化粧品、外用薬、毛染料、金属、植物などがある。

【診断】
確定診断は貼付試験(パッチテスト)により行う。

【治療】
治療方法は接触源の特定と除去、ステロイド抗ヒスタミン薬などが用いられる。

執筆

佐々木 朗

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター小児救急フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2523
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1286
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1185
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1033
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
991
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
761
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
87
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2151

◆救急の問題◆以下の中で、ショックの5Pに当てはまらない徴候はどれでしょうか?

  • 1.蒼白(Pallor)
  • 2.冷汗(Perspiration)
  • 3.奇異呼吸(Paradoxical breathing)
  • 4.呼吸不全(Pulmonary insufficiency)
今日のクイズに挑戦!