看護用語辞典 ナースpedia キーワード:貪食

貪食とは・・・

最終更新日 2017/07/24

貪食(どんしょく)とは、体内の細胞が不必要なものを取り込み、消化し、分解する作用である。貪食する対象は、アポトーシス(プログラムされた細胞)によって死滅した細胞、体内に侵入した異物や病原体、がん化した自己の細胞等である。貪食作用(食作用、ファゴサイトーシスともいう)と呼ばれ、生体の細胞性免疫に深い関わりを持つ。
このような働きを持つ細胞は貪食細胞や食細胞と呼ばれる。白血球にある好中球や単球、マクロファージ、樹状細胞がそれにあたる。
また、貪食細胞は狭義の意味ではマクロファージのみを指すこともある。

■食細胞の種類
・好中球

病原体や異物等が体内に侵入した場合、まず好中球が目的の組織へ向かい、貪食を行う。各種の細胞が目的の組織に向かうことを遊走という。好中球は血管外を遊走することができ、寿命を迎えるまで貪食を続ける。血管を出た好中球は血管内に戻ることはできない。貪食の約50~70%は好中球が担っており、主に病原体を貪食する。
・単球・マクロファージ
続けて単球が貪食を行う。単球は、血管を出て目的の組織に移動し定着するとマクロファージと呼ばれる。マクロファージは貪食能が高く、寿命を迎えた好中球をも貪食する。好中球は主に病原体を貪食するが、マクロファージは脂肪組織や異物、がん細胞や自己細胞の死骸なども貪食するため大食細胞とも呼ばれる。
肝臓にあるクッパー細胞などもマクロファージの一種である。
・樹状細胞
体内に侵入した異物の断片を樹状細胞が取り込み(貪食)、自らの細胞表面に目印を出す(抗原提示能力)。名前の通り細胞の周りに樹の枝のような突起があり、さまざまな組織や器官内に存在する。

■関連用語
・抗原

抗原とは、体内に侵入してきた異物や病原体が、自分の細胞や組織でないことを認識した目印をいう。抗原と認識すると、リンパ球は情報伝達分子(サイトカイン)を分泌し、免疫担当細胞同士で情報を伝達し合う。
・抗体
抗体とは、抗原に結合するタンパク質の総称である。通常、一つの抗原に対して一つ作られる。抗体はγグロブリン(がんまぐろぶりん)という血漿タンパク質であり、血液中の赤血球、白血球、血小板を除いた液体成分に含まれる。抗原に結合した抗体は、抗原を無毒化する。あるいは、マクロファージに貪食される目印になる。またγグロブリン、免疫グロブリン、抗体の3者はほぼ同じ意味で使用されることが多い。
 

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1239
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1187
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1040
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1018
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
886
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
723
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者261

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!