看護用語辞典 ナースpedia キーワード:甲状腺

甲状腺とは・・・

最終更新日 2018/05/31

甲状腺(こうじょうせん)とは、気管の前面に位置する、血管の豊富な内分泌腺である。肉眼的には、蝶のような形をしている。大きさは、縦横ともに4~5cmほどで、重さは15~20gほどである。顕微鏡的に見ると、濾胞細胞と傍濾胞細胞が腺を構成する。濾胞細胞が甲状腺ホルモンを分泌し、傍濾胞細胞がカルシトニンを分泌する。これらは、それぞれ、代謝と血中カルシウム濃度を調整する。甲状腺ホルモンは全身の代謝を高めたり、交感神経を興奮させたりする。また、胎児や小児の成長や発達にも関与する。

甲状腺機能異常には、甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症がある。
甲状腺機能が亢進すると、イライラしやすくなる、頻脈息切れ、体温の上昇(暑く感じる)、汗をかきやすくなる、下痢体重減少などの症状が出る。
逆に、甲状腺機能が低下すると、抑うつ的になる、認知機能の低下、脈が遅くなる、体温の低下 (寒く感じる)、便秘、体重増加などの症状が出る。

これらの症状を呈する疾患として、バセドウ病、プランマー病、原発性甲状腺機能低下症、橋本病 (慢性甲状腺炎)、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺の良性腫瘍、および、悪性腫瘍(例:甲状腺乳頭癌、悪性リンパ腫)などがある。

血中甲状腺ホルモンが高値になり、甲状腺中毒症状のあるものを甲状腺中毒症という。甲状腺中毒症には、甲状腺機能が亢進し、血中甲状腺ホルモンが高値になるものと、甲状腺が破壊され甲状腺ホルモンが血中に流出して甲状腺ホルモンが高値になるものがある。前者を甲状腺機能亢進症といい、バセドウ病やプランマー病が含まれる。後者には亜急性甲状腺炎や無痛性甲状腺炎がある。

甲状腺機能の亢進が特徴なのは、バセドウ病、プランマー病である。一方、甲状腺機能の低下が特徴なのは、橋本病や原発性甲状腺機能低下症である。ただし、これらの疾患の症状は、病期、病勢や治療の影響を受ける。例えば、橋本病では甲状腺機能が正常なこともある。

執筆

園 真廉

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 甲状腺機能異常の心電図|各疾患の心電図の特徴(12)[01/06up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、甲状腺機能異常の心電図について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   〈前回〉 薬剤による心電図変化   ... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺ホルモン|内分泌[02/19up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、甲状腺ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン?[09/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? 甲状腺は、咽頭下部から... [ 記事を読む ]

  • 副甲状腺は甲状腺と関連があるの?[09/25up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「内分泌官とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   副甲状腺は甲状腺と関連があるの? 副甲状腺(上皮小体)は、甲状... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺手術後ドレナージ | ドレーン・カテーテル・チューブ管理[12/03up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は甲状腺手術後ドレナージについて説明します。   岡村律子 日本医科大学武蔵小杉病院総合診療科病院講師 杉谷 巌 日本医科大学付属病院内分泌外科... [ 記事を読む ]

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1370
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
964
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
752
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者509

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!