看護用語辞典 ナースpedia キーワード:甲状腺

甲状腺とは・・・

最終更新日 2018/05/31

甲状腺(こうじょうせん)とは、気管の前面に位置する、血管の豊富な内分泌腺である。肉眼的には、蝶のような形をしている。大きさは、縦横ともに4~5cmほどで、重さは15~20gほどである。顕微鏡的に見ると、濾胞細胞と傍濾胞細胞が腺を構成する。濾胞細胞が甲状腺ホルモンを分泌し、傍濾胞細胞がカルシトニンを分泌する。これらは、それぞれ、代謝と血中カルシウム濃度を調整する。甲状腺ホルモンは全身の代謝を高めたり、交感神経を興奮させたりする。また、胎児や小児の成長や発達にも関与する。

甲状腺機能異常には、甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症がある。
甲状腺機能が亢進すると、イライラしやすくなる、頻脈息切れ、体温の上昇(暑く感じる)、汗をかきやすくなる、下痢体重減少などの症状が出る。
逆に、甲状腺機能が低下すると、抑うつ的になる、認知機能の低下、脈が遅くなる、体温の低下 (寒く感じる)、便秘、体重増加などの症状が出る。

これらの症状を呈する疾患として、バセドウ病、プランマー病、原発性甲状腺機能低下症、橋本病 (慢性甲状腺炎)、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺の良性腫瘍、および、悪性腫瘍(例:甲状腺乳頭癌、悪性リンパ腫)などがある。

血中甲状腺ホルモンが高値になり、甲状腺中毒症状のあるものを甲状腺中毒症という。甲状腺中毒症には、甲状腺機能が亢進し、血中甲状腺ホルモンが高値になるものと、甲状腺が破壊され甲状腺ホルモンが血中に流出して甲状腺ホルモンが高値になるものがある。前者を甲状腺機能亢進症といい、バセドウ病やプランマー病が含まれる。後者には亜急性甲状腺炎や無痛性甲状腺炎がある。

甲状腺機能の亢進が特徴なのは、バセドウ病、プランマー病である。一方、甲状腺機能の低下が特徴なのは、橋本病や原発性甲状腺機能低下症である。ただし、これらの疾患の症状は、病期、病勢や治療の影響を受ける。例えば、橋本病では甲状腺機能が正常なこともある。

執筆

園 真廉

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 甲状腺ホルモン|内分泌[02/19up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、甲状腺ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • TSH(甲状腺ホルモン、thyroid stimulating hormone)|ホルモン | 検査[10/14up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)について解説します。   江口正信 公立福生病院部長 ... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺機能低下症に関するQ&A[09/12up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺機能低下症」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.甲状腺機能低下症ってどんな病気? ... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン?[09/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から分泌されるのはどんなホルモン? 甲状腺は、咽頭下部から... [ 記事を読む ]

  • 甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの?[09/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「甲状腺ホルモンの増減に伴う症状」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   甲状腺から出るホルモンが増減するとどうなるの? 甲... [ 記事を読む ]

いちおし記事

足音ソムリエ|マンガ・ぴんとこなーす【297】

ナースの五感は、こんなところにも使われる!? [ 記事を読む ]

新型コロナで、人もマスクも手袋も足りない!

マスクの使用制限があるかのアンケート結果や日護協が国へ出した要望など紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3178
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1251
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1159
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1119
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
1020
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
805
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日

実習期間中、何のバイトしてた?

投票数:
297
実施期間:
2020年04月10日 2020年05月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6160

◆アセスメントの問題◆中心静脈圧について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.中心静脈圧の評価のため、45度ヘッドアップして頸静脈を観察した。
  • 2.中心静脈圧には尿量や体重の変化は関係しない。
  • 3.中心静脈圧は左心房内圧の上昇を反映している。
  • 4.中心静脈圧の推定は外頸静脈の観察が最も適している。
今日のクイズに挑戦!