看護用語辞典 ナースpedia キーワード:リンパ球

リンパ球とは・・・

最終更新日 2018/06/07

リンパ球(りんぱきゅう)は各種免疫応答を担っており、生体防御に関わる重要な細胞である。骨髄、胸腺、脾臓、リンパ節、扁桃などのリンパ組織に豊富に存在している。

リンパ球には、Tリンパ球とBリンパ球という2種類のリンパ球が存在する。両者とも多能性幹細胞から分化したリンパ系幹細胞から多様なサイトカインによってそれぞれ分化する。

Tリンパ球は、最終的に胸腺に入り成熟する。胸腺(Thymus)で成熟するのでTリンパ球と呼ばれている。Bリンパ球は、Bursa相当器官(胎児肝や成人骨髄)に入り成熟する。Bursa相当器官の頭文字からBリンパ球と名付けられている。

末梢血白血球中に占めるリンパ球は、正常では26〜46%である。
リンパ球増加(4000/μL以上)を示す疾患としては、伝染性単核球症、結核百日咳、慢性リンパ性白血病、成人T細胞白血病/リンパ腫が知られている。
リンパ球減少(1500/μL以下)を示す疾患としては、悪性リンパ腫(特にホジキンリンパ腫)、後天性免疫不全症候群(AIDS)、自己免疫疾患全身性エリテマトーデス関節リウマチ)、骨髄機能抑制をきたす治療(免疫抑制薬、抗がん剤、放射線治療)がある。

執筆

建部将夫

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 専攻医

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • リンパ球と抗体|守る(3)[09/29up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、免疫についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 侵入してきた敵をたたく白血球|守る(2) 解剖生理学の面白さを知るため、からだのなか... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1354
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
914
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
904
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
545
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4873

以下のうち、小児の原始反射ではないものはどれでしょうか?

  • 1.モロー反射
  • 2.手掌把握反射
  • 3.足踏み反射
  • 4.パラシュート反射
今日のクイズに挑戦!