看護用語辞典 ナースpedia キーワード:全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデスとは・・・

最終更新日 2018/01/16

全身性エリテマトーデス(ぜんしんせいえりてまとーです、Systemic lupus erythematosus;SLE)は若年女性に好発し、全身性炎症性病変を特徴とする自己免疫疾患である。厚生労働省の特定疾患(難病)にも指定されている。

【原因】
原因は、遺伝的素因を背景として、感染・性ホルモン紫外線・薬物などの環境因子が加わって発症する。自己抗体(特に抗DNA抗体)が過剰に産生され、抗原であるDNAと結合して免疫複合体が形成され、免疫複合体が組織に沈着して補体系の活性化などを介して炎症が惹起される。

【症状】
症状は多岐にわたり、全身倦怠感・易疲労感・発熱などの全身症状以外にも、各臓器にさまざまな症状を呈する。蝶形紅斑やディスコイド疹などの皮膚粘膜症状、骨破壊を伴わない関節炎、ループス腎炎、中枢神経ループス、間質性肺炎、肺胞出血、肺高血圧、心膜炎、胸膜炎、溶血性貧血などがよく知られている。

【治療】
治療には、重症臓器障害がなければ非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)や少量の副腎皮質ステロイドを用いる。生命の危機や重篤な臓器障害がある場合にはステロイド大量療法(ステロイドパルス療法)と免疫抑制剤による寛解導入療法が行われる。臓器障害がないか極めて軽い状態(寛解)となれば投与量を減らした維持療法に移行し継続する。

【予後】
予後については、寛解と増悪を繰り返して慢性の経過をたどることが多い。早期診断・早期治療が可能となった現在では、予後が著しく改善しており、5年生存率は95%以上である。予後を左右する病態としては、ループス腎炎、中枢神経ループス、抗リン脂質抗体症候群、間質性肺炎、肺胞出血、肺高血圧症などが挙げられる。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 全身性エリテマトーデスに関するQ&A[11/30up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「全身性エリテマトーデス」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.全身性エリテマトーデスってど... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1795
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1341
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1236
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1100
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1000
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
636
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1144

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!