看護用語辞典 ナースpedia キーワード:サイトカイン

サイトカインとは・・・

最終更新日 2018/04/20

サイトカイン(さいとかいん)は、ホルモン様の低分子タンパク質である。細胞同士の情報伝達作用を持ち、特異的な受容体に結合することで、免疫反応の増強、制御、細胞増殖、分化の調節などを行う。一つのサイトカインが別のサイトカインの産生を誘導、抑制する現象も見られ、サイトカインカスケードやサイトカインネットワークと呼ばれる。特定の内分泌組織ではなく、様々な種類の細胞によって合成されること、狭い範囲の近傍の細胞にのみ作用することがホルモンと異なる点である。

サイトカインは、作用から大きく、インターロイキン、ケモカイン、インターフェロン、造血因子、細胞増殖因子、細胞壊死因子に分けられるが、重複するものも多い。
・インターロイキン:30種類以上が同定されている。主にリンパ球貪食細胞が分泌し、免疫系細胞の分化、増殖、細胞死に働く
・ケモカイン:白血球を炎症部位に呼ぶ「走化作用」をもつ
・インターフェロン:NK細胞、マクロファージを活性化させ、ウイルス感染の制御や抗腫瘍免疫に重要な役割を果たす
・造血因子:血球の分化、増殖を促進する
・細胞増殖因子:血球以外の特定の細胞の増殖を促進する
・細胞壊死因子:主に細胞死(アポトーシス)を誘導する
これらのサイトカインを標的とした薬剤の開発が進められ自己免疫疾患や悪性腫瘍など増殖性疾患のコントロール、移植時の拒絶反応抑制への効果が期待されている。

【主要なサイトカインと関連する薬剤】

表1インターロイキン

表2ケモカイン

表3インターフェロン

表4細胞増殖因子

表5細胞壊死因子

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1371
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
965
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
753
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者568

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!