看護用語辞典 ナースpedia キーワード:バセドウ病

バセドウ病とは・・・

最終更新日 2018/05/31

バセドウ病(ばせどうびょう)は、甲状腺の腺組織が過形成を起こし、甲状腺が全体的に腫大し、その機能が亢進する疾患の一般的な表現型である。B細胞が産生する甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体が甲状腺を刺激することで生じる自己免疫性疾患である。
バセドウ病の発症が気づかれずに進行した場合、眼球突出、頻脈、甲状腺腫大を呈する。

甲状腺ホルモンは全身の代謝を高めたり、交感神経を興奮させたりするため、甲状腺機能が亢進すると、頻脈、体温の上昇、汗をかきやすくなる。その他に、イライラしやすくなる、眠りにくくなる、手の震え、息切れしやすい、排便回数の増加などの症状も出ることがある。

治療の目標は、亢進した甲状腺機能を抑制することである。薬物療法として、交感神経の興奮を抑えるβ遮断薬、甲状腺ホルモンの合成を抑える抗甲状腺薬(例:メルカゾール、プロパジール)がある。病気の状態に応じて、これらを組み合わせて治療する。

薬物療法以外に、甲状腺組織を破壊する放射性ヨウ素を用いたアイソトープ療法や、手術で甲状腺を摘出する方法もある。アイソトープ療法や手術では、甲状腺ホルモンの分泌が低下する (甲状腺機能低下症)。これらの治療後は、その後、生涯にわたり、内服による甲状腺ホルモンの補充が必要である。

執筆

園 真廉

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1275
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1160
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1079
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1042
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
923
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
706
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3983

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!