看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは・・・

最終更新日 2019/07/04

アナフィラキシーショック(あなふぃらきしーしょっく、anaphylactic shock)とは、アレルゲンなどの侵入により、複数臓器にアレルギー症状が引き起こされ、生命に危機を与える過敏反応(アナフィラキシー)で、特に、血圧低下や意識障害を伴うものを指す。Ⅰ型アレルギーに分類される。

【症状】
アナフィラキシーの症状(皮膚・粘膜、気道、消化器、心血管系、中枢神経系)に引き続いて、血圧低下や呼吸困難、意識障害が起こる。

【治療】
ショック、つまり生命の危機にあることを念頭に迅速かつ的確に行う。アナフィラキシーショックの唯一にして最も重要な治療はアドレナリン筋肉注射である。アドレナリン 0.01mg/kgを大腿外側に筋注する(成人最大0.5mg、小児最大0.3mg)。アドレナリンは通常1mg/1mL製剤のため、投与する量は1mLよりも少ないことは暗記しておく。
そのほか、ショックに準じて酸素投与、点滴などを行う。
補助療法として、ステロイド抗ヒスタミン薬が用いられる。


引用参考文献
1)J Allergy Clin Immunol.127(3),2011,587-593.
2)Ann Allergy Asthma Immunol. 113(6),2014.
3)Allergy. 69(8), 2014,1026-45.
4)日本アレルギー学会.アナフィラキシーガイドライン.

執筆

小森大輝

順天堂大学大学院医学研究科 総合診療科学大学院生

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1259
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1245
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1129
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1071
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
999
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
558
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5416

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!