看護用語辞典 ナースpedia キーワード:播種性血管内凝固症候群

播種性血管内凝固症候群とは・・・

最終更新日 2018/02/21

播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん、disseminated intravascular coagulation〈DIC〉)は、さまざまな疾患が原因で全身の細血管内に微小血栓ができたり止血しにくくなったりする症候群のことである。
発症機序としては、血液の凝固が亢進し、微小血管内にフィブリン(線維素)血栓が形成され、血小板と凝固因子が消費される。そのため出血傾向を呈し、さらに二次的線維素溶解(線溶)も亢進するため、出血傾向がより一層強まる。

【原因】
DICの原因疾患として、白血病・悪性腫瘍・敗血症などの重症感染症・外傷・熱傷・低体温・自己免疫性疾患・急性循環不全・胎盤早期剥離などがある。

【臨床所見】
基礎疾患により凝固と線溶のバランスが異なり、症状や病態に差がある。白血病などでは線溶亢進があるため出血症状が主体であるが、重症感染症では線溶が抑制されるため、血栓による虚血に基づく症状が現れやすい。
出血症状は共通してみられ、皮膚や粘膜の出血、採血部位の止血困難のほか、頭蓋内出血、肺出血、消化管出血もしばしば認められる。虚血症状としては、意識レベルの低下・呼吸不全・腎不全・肝機能障害などがあり、多臓器不全に至ることもある。

【検査所見】
血小板減少、プロトロンビン時間(PT)および活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の延長、フィブリノゲン低下、フィブリン分解産物(FDP、D-ダイマー)の増加を認める。これらの検査所見をそれぞれの基礎疾患に対するDICの診断基準に照らして診断する。

【鑑別診断】
血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura〈TTP〉)や溶血尿毒症症候群(hemolytic uremic syndrome〈HUS〉)などの血栓性微小血管障害(thrombotic microangiopathy〈TMA〉)では全身性の血小板血栓形成により消費性血小板減少が出現する。一見DICに類似するが、通常凝固系異常を伴わない。

【治療】
DICの治療とともに、基礎疾患の治療が非常に重要となる。
DICの治療としては、(1)抗凝固療法(ヘパリン・合成プロテアーゼ阻害薬・アンチトロンビン・トロンボモジュリン)、(2)補充療法(新鮮凍結血漿や血小板濃厚液の輸血)が行われる。

執筆

梶原道子

東京医科歯科大学医学部附属病院  輸血・細胞治療センター 副センター長/講師

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1455
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1338
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1266
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1193
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1156
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
627
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
456
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者813

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!