看護用語辞典 ナースpedia キーワード:播種性血管内凝固症候群

播種性血管内凝固症候群とは・・・

最終更新日 2018/02/21

播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん、disseminated intravascular coagulation〈DIC〉)は、さまざまな疾患が原因で全身の細血管内に微小血栓ができたり止血しにくくなったりする症候群のことである。
発症機序としては、血液の凝固が亢進し、微小血管内にフィブリン(線維素)血栓が形成され、血小板と凝固因子が消費される。そのため出血傾向を呈し、さらに二次的線維素溶解(線溶)も亢進するため、出血傾向がより一層強まる。

【原因】
DICの原因疾患として、白血病・悪性腫瘍・敗血症などの重症感染症・外傷・熱傷・低体温・自己免疫性疾患・急性循環不全・胎盤早期剥離などがある。

【臨床所見】
基礎疾患により凝固と線溶のバランスが異なり、症状や病態に差がある。白血病などでは線溶亢進があるため出血症状が主体であるが、重症感染症では線溶が抑制されるため、血栓による虚血に基づく症状が現れやすい。
出血症状は共通してみられ、皮膚や粘膜の出血、採血部位の止血困難のほか、頭蓋内出血、肺出血、消化管出血もしばしば認められる。虚血症状としては、意識レベルの低下・呼吸不全・腎不全・肝機能障害などがあり、多臓器不全に至ることもある。

【検査所見】
血小板減少、プロトロンビン時間(PT)および活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の延長、フィブリノゲン低下、フィブリン分解産物(FDP、D-ダイマー)の増加を認める。これらの検査所見をそれぞれの基礎疾患に対するDICの診断基準に照らして診断する。

【鑑別診断】
血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura〈TTP〉)や溶血尿毒症症候群(hemolytic uremic syndrome〈HUS〉)などの血栓性微小血管障害(thrombotic microangiopathy〈TMA〉)では全身性の血小板血栓形成により消費性血小板減少が出現する。一見DICに類似するが、通常凝固系異常を伴わない。

【治療】
DICの治療とともに、基礎疾患の治療が非常に重要となる。
DICの治療としては、(1)抗凝固療法(ヘパリン・合成プロテアーゼ阻害薬・アンチトロンビン・トロンボモジュリン)、(2)補充療法(新鮮凍結血漿や血小板濃厚液の輸血)が行われる。

執筆

梶原道子

東京医科歯科大学医学部附属病院  輸血・細胞治療センター 副センター長/講師

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1266
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1152
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1076
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1032
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
909
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
680
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1184

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!