看護用語辞典 ナースpedia キーワード:尿毒症

尿毒症とは・・・

最終更新日 2018/02/21

尿毒症(にょうどくしょう、uremia)とは、腎機能の低下により、尿中に排泄されるべき代謝老廃物などが血液の中に蓄積されている状態のことで、さまざまな症状を呈する。

原因となる老廃物として、現在までグアニジノコハク酸など90を超える物質が同定されている。慢性腎不全に付随することが多いが、急性腎不全においても起こる。

【症状】
症状としては、下記のように多彩なものがある。
・中枢神経:意識障害、不眠、記憶障害頭痛、混乱、けいれん、しゃっくりなど
・末梢神経:こむらがえり、末梢神経障害、足の不快感など
・消化管:食欲不振、嘔気・嘔吐、腹部膨満など
・肺:呼吸困難、肺水腫、低酸素血症など
心臓・血管:動悸高血圧など
・代謝:カリウム上昇、アシドーシスなど
・眼:視力障害など
・血液:貧血など
皮膚:皮下出血、浮腫、色素沈着、掻痒感など

【原因と治療】
原因としては、腎臓に供給される血流や血圧の低下による腎前性、腎臓そのものの異常による腎性、尿の排出障害による腎後性がある。治療はそれぞれの原因によって異なる。
■腎前性
腎前性であれば、腎血流、腎灌流圧の確保が重要であり、補液療法や昇圧剤が含まれる。
■腎性
腎性であれば透析療法や腎移植が行われる。
■腎後性
腎後性であれば、尿排泄を妨げる原因の除去や、経皮的腎ろう、ステント留置術といったバイパス術、導尿や膀胱留置カテーテル挿入を行う。いずれの原因であっても、重篤である場合(意識障害や高カリウム血症、著明なアシドーシスがあれば)、緊急血液透析の適応を考慮する。

執筆

瀬尾龍太郎

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

便秘タイプ別・上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3)

「下剤の投与」の方法を紹介!わかりやすいフローチャートや薬の一覧も。 [ 記事を読む ]

マスクが1日1枚…!!感染リスクを下げるにはどうすれば?

マスクの使用制限がある中で、看護師のみなさんが不安に思っていることを感染症専門医が解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1313
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1270
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1085
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2424
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
896
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
661
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3584

◆脳・神経の問題◆以下の中で、女性に多いとされる脳腫瘍はどれでしょうか?

  • 1.髄芽腫
  • 2.髄膜腫
  • 3.下垂体腺腫
  • 4.神経膠腫
今日のクイズに挑戦!