看護用語辞典 ナースpedia キーワード:尿毒症

尿毒症とは・・・

最終更新日 2018/02/21

尿毒症(にょうどくしょう、uremia)とは、腎機能の低下により、尿中に排泄されるべき代謝老廃物などが血液の中に蓄積されている状態のことで、さまざまな症状を呈する。

原因となる老廃物として、現在までグアニジノコハク酸など90を超える物質が同定されている。慢性腎不全に付随することが多いが、急性腎不全においても起こる。

【症状】
症状としては、下記のように多彩なものがある。
・中枢神経:意識障害、不眠、記憶障害頭痛、混乱、けいれん、しゃっくりなど
・末梢神経:こむらがえり、末梢神経障害、足の不快感など
・消化管:食欲不振、嘔気・嘔吐、腹部膨満など
・肺:呼吸困難、肺水腫、低酸素血症など
心臓・血管:動悸高血圧など
・代謝:カリウム上昇、アシドーシスなど
・眼:視力障害など
・血液:貧血など
皮膚:皮下出血、浮腫、色素沈着、掻痒感など

【原因と治療】
原因としては、腎臓に供給される血流や血圧の低下による腎前性、腎臓そのものの異常による腎性、尿の排出障害による腎後性がある。治療はそれぞれの原因によって異なる。
■腎前性
腎前性であれば、腎血流、腎灌流圧の確保が重要であり、補液療法や昇圧剤が含まれる。
■腎性
腎性であれば透析療法や腎移植が行われる。
■腎後性
腎後性であれば、尿排泄を妨げる原因の除去や、経皮的腎ろう、ステント留置術といったバイパス術、導尿や膀胱留置カテーテル挿入を行う。いずれの原因であっても、重篤である場合(意識障害や高カリウム血症、著明なアシドーシスがあれば)、緊急血液透析の適応を考慮する。

執筆

瀬尾龍太郎

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1504
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1396
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1315
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1240
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1215
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
848
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
772
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6190

◆精神科の問題◆精神障害に対する薬物療法に使用される薬剤の説明として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.抗うつ薬は内服開始後、効果発現までに1~2週間を要する。
  • 2.抗不安薬であるエチゾラムは、長時間型であり半減期は12~24時間程度である。
  • 3.クロルプロマジン塩酸塩は、フェノチアジン系の抗精神病薬である。
  • 4.睡眠薬は超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分けられる。
今日のクイズに挑戦!