看護用語辞典 ナースpedia キーワード:フィブリノゲン

フィブリノゲンとは・・・

最終更新日 2018/05/11

フィブリノゲン(ふぃぶりのげん、fibrinogen)とは止血の過程で働くタンパクの一つである。

凝固因子の第Ⅰ因子。肝細胞で産生され、およそ80%が血漿中に存在し、残り20%は組織中に存在する。体内での半減期は3~4日である。

基準範囲は150~400mg/dL。

止血過程には、損傷部位における血小板血栓が形成される一次止血と、血漿成分による凝固反応でフィブリン凝塊の形成による二次止血がある。フィブリノゲンはフィブリンの前駆物質であり、二次止血で活躍する。凝固カスケードが活性化された結果、プロトロンビンがトロビンに活性化され、トロンビンによりフィブリノゲンがフィブリンに変換されてフィブリン繊維を形成し、強固なフィブリン血栓となる二次止血が起こる。

フィブリノゲンの異常値は、この止血過程に異常があることの一つの指標となるほか、炎症時に増加したり、妊娠時に経時的に増加したりして生体の防御反応に関与することも知られている。

フィブリノゲンが増加する疾患等としては、悪性腫瘍、感染症糖尿病心筋梗塞脳卒中発作後、ネフローゼ症候群、血液製剤の大量投与時などがある。また生理的な反応としては、妊娠時、高齢者、避妊薬服用でも増加する。

フィブリノゲンが減少する疾患等としては、播種性血管内凝固症候群(DIC)、肝疾患(肝硬変、慢性肝疾患)、大量出血などがある。また先天的にフィブリノゲンが低下・欠乏している疾患(先天性フィブリノゲン欠乏症)が存在する。フィブリノゲン値が60mg/dL未満では出血傾向をきたす。

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1281
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1270
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1161
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1152
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1059
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
873
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
218
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1822

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!