看護用語辞典 ナースpedia キーワード:フィブリノゲン

フィブリノゲンとは・・・

最終更新日 2018/05/11

フィブリノゲン(ふぃぶりのげん、fibrinogen)とは止血の過程で働くタンパクの一つである。

凝固因子の第Ⅰ因子。肝細胞で産生され、およそ80%が血漿中に存在し、残り20%は組織中に存在する。体内での半減期は3~4日である。

基準範囲は150~400mg/dL。

止血過程には、損傷部位における血小板血栓が形成される一次止血と、血漿成分による凝固反応でフィブリン凝塊の形成による二次止血がある。フィブリノゲンはフィブリンの前駆物質であり、二次止血で活躍する。凝固カスケードが活性化された結果、プロトロンビンがトロビンに活性化され、トロンビンによりフィブリノゲンがフィブリンに変換されてフィブリン繊維を形成し、強固なフィブリン血栓となる二次止血が起こる。

フィブリノゲンの異常値は、この止血過程に異常があることの一つの指標となるほか、炎症時に増加したり、妊娠時に経時的に増加したりして生体の防御反応に関与することも知られている。

フィブリノゲンが増加する疾患等としては、悪性腫瘍、感染症糖尿病心筋梗塞脳卒中発作後、ネフローゼ症候群、血液製剤の大量投与時などがある。また生理的な反応としては、妊娠時、高齢者、避妊薬服用でも増加する。

フィブリノゲンが減少する疾患等としては、播種性血管内凝固症候群(DIC)、肝疾患(肝硬変、慢性肝疾患)、大量出血などがある。また先天的にフィブリノゲンが低下・欠乏している疾患(先天性フィブリノゲン欠乏症)が存在する。フィブリノゲン値が60mg/dL未満では出血傾向をきたす。

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1284
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1019
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
868
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
362
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者435

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!