看護用語辞典 ナースpedia キーワード:フィブリノゲン

フィブリノゲンとは・・・

最終更新日 2018/05/11

フィブリノゲン(ふぃぶりのげん、fibrinogen)とは止血の過程で働くタンパクの一つである。

凝固因子の第Ⅰ因子。肝細胞で産生され、およそ80%が血漿中に存在し、残り20%は組織中に存在する。体内での半減期は3~4日である。

基準範囲は150~400mg/dL。

止血過程には、損傷部位における血小板血栓が形成される一次止血と、血漿成分による凝固反応でフィブリン凝塊の形成による二次止血がある。フィブリノゲンはフィブリンの前駆物質であり、二次止血で活躍する。凝固カスケードが活性化された結果、プロトロンビンがトロビンに活性化され、トロンビンによりフィブリノゲンがフィブリンに変換されてフィブリン繊維を形成し、強固なフィブリン血栓となる二次止血が起こる。

フィブリノゲンの異常値は、この止血過程に異常があることの一つの指標となるほか、炎症時に増加したり、妊娠時に経時的に増加したりして生体の防御反応に関与することも知られている。

フィブリノゲンが増加する疾患等としては、悪性腫瘍、感染症、糖尿病心筋梗塞、脳卒中発作後、ネフローゼ症候群、血液製剤の大量投与時などがある。また生理的な反応としては、妊娠時、高齢者、避妊薬服用でも増加する。

フィブリノゲンが減少する疾患等としては、播種性血管内凝固症候群(DIC)、肝疾患(肝硬変、慢性肝疾患)、大量出血などがある。また先天的にフィブリノゲンが低下・欠乏している疾患(先天性フィブリノゲン欠乏症)が存在する。フィブリノゲン値が60mg/dL未満では出血傾向をきたす。

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

猛獣のいる病棟

ケンカっぱやい看護師を「猛獣」とたとえるなら、笑顔で見届ける師長は… [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたの中の「失言大賞」教えてください

投票数:
1160
実施期間:
2018年12月28日 2019年01月18日

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1189
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1112
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1004
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1009
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
646
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者367

出産後、子宮復古を促進したり、射乳作用があるホルモンは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.プロラクチン
  • 2.プロゲステロン
  • 3.エストロゲン
  • 4.オキシトシン
今日のクイズに挑戦!