看護用語辞典 ナースpedia キーワード:白血病

白血病とは・・・

最終更新日 2017/12/19

白血病(はっけつびょう)は、血液細胞の悪性腫瘍である。進行速度によって、急性白血病と慢性白血病に分類される。

急性白血病は、がん化する白血球の種類によって、急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病の2つに大きく分けられる。また白血病細胞の形態を中心にしたFAB分類や遺伝子の異常も加えたWHO分類によりさらに細かく分類される。いずれの急性白血病も、白血病細胞が骨髄で無制限に増え続けることにより、正常な血液細胞が減少する。その結果、貧血、易感染性、出血傾向などが見られる。

治療の基本は抗がん剤による化学療法である。まずは複数の抗がん剤を使用し、白血病細胞の減少を図る(寛解導入療法)。その後残存する白血病細胞をさらに減らすために、寛解後療法(地固め療法、維持療法)を行い、白血病細胞の根絶を目指す。抗がん剤のみでは治療が困難な場合には同種造血幹細胞移植が行われる。

慢性白血病も、がん化する白血球の種類によって、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病の2つに大きく分けられる。慢性白血病細胞は、BCR-ABLという異常な遺伝子が形成されることが原因となる。慢性期では白血病細胞はゆっくり増えるため、正常な血液細胞の産生は抑制されず無症状である。治療が行われないと、白血病細胞の増殖は速くなり、移行期を経て急性白血病と同等の状態である急性期になる。慢性期の間に、チロシンキナーゼ阻害薬で治療することで、長期生存が可能である。

慢性リンパ性白血病も、白血病細胞はゆっくり増えるため、正常な血液細胞の産生は抑制されず無症状である。慢性骨髄性白血病と異なり根治的な治療はないため、貧血や血小板減少などを認めるまでは無治療経過観察する。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 白血病に関するQ&A[11/02up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「白血病」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.白血病ってどんな病気? 2.白血病はどの... [ 記事を読む ]

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1130
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1027
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
925
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3000
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2976

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!