看護用語辞典 ナースpedia キーワード:白血病

白血病とは・・・

最終更新日 2017/12/19

白血病(はっけつびょう)は、血液細胞の悪性腫瘍である。進行速度によって、急性白血病と慢性白血病に分類される。

急性白血病は、がん化する白血球の種類によって、急性骨髄性白血病急性リンパ性白血病の2つに大きく分けられる。また白血病細胞の形態を中心にしたFAB分類や遺伝子の異常も加えたWHO分類によりさらに細かく分類される。いずれの急性白血病も、白血病細胞が骨髄で無制限に増え続けることにより、正常な血液細胞が減少する。その結果、貧血、易感染性、出血傾向などが見られる。

治療の基本は抗がん剤による化学療法である。まずは複数の抗がん剤を使用し、白血病細胞の減少を図る(寛解導入療法)。その後残存する白血病細胞をさらに減らすために、寛解後療法(地固め療法、維持療法)を行い、白血病細胞の根絶を目指す。抗がん剤のみでは治療が困難な場合には同種造血幹細胞移植が行われる。

慢性白血病も、がん化する白血球の種類によって、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病の2つに大きく分けられる。慢性白血病細胞は、BCR-ABLという異常な遺伝子が形成されることが原因となる。慢性期では白血病細胞はゆっくり増えるため、正常な血液細胞の産生は抑制されず無症状である。治療が行われないと、白血病細胞の増殖は速くなり、移行期を経て急性白血病と同等の状態である急性期になる。慢性期の間に、チロシンキナーゼ阻害薬で治療することで、長期生存が可能である。

慢性リンパ性白血病も、白血病細胞はゆっくり増えるため、正常な血液細胞の産生は抑制されず無症状である。慢性骨髄性白血病と異なり根治的な治療はないため、貧血や血小板減少などを認めるまでは無治療経過観察する。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 白血病に関するQ&A[11/02up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「白血病」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.白血病ってどんな病気? 2.白血病はどの... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1383
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1713
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1292
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1185
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1041
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
904
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
240
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4220

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!