看護用語辞典 ナースpedia キーワード:フィブリン

フィブリンとは・・・

最終更新日 2019/11/08

フィブリン(ふぃぶりん、fibrin)とは、血液凝固に関連するタンパク質フィブリノゲンが分解され活性化したものである。

【役割】
フィブリンは、出血した際の傷口を防いで止血する血液凝固の役割を果たす。
血液凝固は一次止血二次止血の二段階で行われる。
一時止血は、出血した部位に血小板が集まり血栓が形成されることで止血に至ることである。
二次止血は、この血小板から生じるシグナルに、多数の他の凝固因子が反応して起こる。凝固反応は、最終的にはフィブリン形成に至る反応である。フィブリンは、フィブリノゲンというタンパク質が、トロンビンというタンパク質分解酵素によって分解されて作られる。フィブリンとなった状態を、フィブリンモノマーという。フィブリンモノマーは、カルシウムの作用により網目状に重なり合い、血小板によって作られた血栓の上に重なる。そうすることでより強固な血栓が形成されることとなる。この重なり合ったフィブリンを、フィブリンポリマーという。

また、血栓は長期間血管内にあると血流障害を起こすなど、生体にとって不利益となるため、この血栓が必要なくなったときには血栓を溶かすシステムが動く。その中心にあるのがプラスミンというタンパク質で、プラスミノーゲンという名前で体内に存在し、必要に応じて活性化されプラスミンとなる。このプラスミンがフィブリンによって形成された網目状の構造を溶かす作用を有している。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1491
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1385
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1304
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1230
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1199
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
800
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
703
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2132

◆精神科の問題◆精神障害に対する薬物療法に使用される薬剤の説明として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.抗うつ薬は内服開始後、効果発現までに1~2週間を要する。
  • 2.抗不安薬であるエチゾラムは、長時間型であり半減期は12~24時間程度である。
  • 3.クロルプロマジン塩酸塩は、フェノチアジン系の抗精神病薬である。
  • 4.睡眠薬は超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型に分けられる。
今日のクイズに挑戦!