看護用語辞典 ナースpedia キーワード:フィブリン

フィブリンとは・・・

最終更新日 2019/11/08

フィブリン(ふぃぶりん、fibrin)とは、血液凝固に関連するタンパク質フィブリノゲンが分解され活性化したものである。

【役割】
フィブリンは、出血した際の傷口を防いで止血する血液凝固の役割を果たす。
血液凝固は一次止血二次止血の二段階で行われる。
一時止血は、出血した部位に血小板が集まり血栓が形成されることで止血に至ることである。
二次止血は、この血小板から生じるシグナルに、多数の他の凝固因子が反応して起こる。凝固反応は、最終的にはフィブリン形成に至る反応である。フィブリンは、フィブリノゲンというタンパク質が、トロンビンというタンパク質分解酵素によって分解されて作られる。フィブリンとなった状態を、フィブリンモノマーという。フィブリンモノマーは、カルシウムの作用により網目状に重なり合い、血小板によって作られた血栓の上に重なる。そうすることでより強固な血栓が形成されることとなる。この重なり合ったフィブリンを、フィブリンポリマーという。

また、血栓は長期間血管内にあると血流障害を起こすなど、生体にとって不利益となるため、この血栓が必要なくなったときには血栓を溶かすシステムが動く。その中心にあるのがプラスミンというタンパク質で、プラスミノーゲンという名前で体内に存在し、必要に応じて活性化されプラスミンとなる。このプラスミンがフィブリンによって形成された網目状の構造を溶かす作用を有している。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

便秘タイプ別・上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3)

「下剤の投与」の方法を紹介!わかりやすいフローチャートや薬の一覧も。 [ 記事を読む ]

マスクが1日1枚…!!感染リスクを下げるにはどうすれば?

マスクの使用制限がある中で、看護師のみなさんが不安に思っていることを感染症専門医が解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1313
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1270
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1085
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2424
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
896
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
659
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3369

◆脳・神経の問題◆以下の中で、女性に多いとされる脳腫瘍はどれでしょうか?

  • 1.髄芽腫
  • 2.髄膜腫
  • 3.下垂体腺腫
  • 4.神経膠腫
今日のクイズに挑戦!