看護用語辞典 ナースpedia キーワード:溶血

溶血とは・・・

最終更新日 2019/07/17

溶血(ようけつ、hemolysis)とは、寿命を迎える前の赤血球が何らかの原因により破壊されることである。
赤血球の寿命は約120日と言われている。寿命が尽きると肝臓に運ばれ処理される。溶血が起きると、赤血球が未熟な状態で破壊されてしまう。このため、赤血球の寿命が120日未満と短くなってしまい、赤血球の不足などで体に様々な影響を及ぼす。溶血は血液検査でLDH、AST、カリウムの異常な上昇を認めた場合に疑うことが多い。

【原因】
溶血は、病的意義のある場合とない場合がある。

・病的意義のない場合
主に採血操作による溶血である。血管穿刺はできてもその血管が細く採血がしにくい場合に、陰圧を強くかけて採血すると溶血が起こることがある。

・病的意義がある場合
病的意義があるものには溶血性貧血という病名がつけられている。溶血性貧血は、血管内で起こるものと、血管外で起こるものの二つに大別される。

(1)血管内溶血を起こす疾患
発作性夜間ヘモグロビン尿症、G6PD欠損症、赤血球破砕症候群、ABO型不適合輸血など。

(2)血管外溶血を起こす疾患
遺伝性球状赤血球症、自己免疫性溶血性貧血(AIHA)、ピルビン酸キナーゼ(PK)欠損症、鎌状赤血球症、サラセミアなど。血管外溶血が起こる場所は、主に脾臓などの網内系である。

血管内溶血と血管外溶血の両方に見られる特徴としては溶血により赤血球内の成分である乳酸脱水素酵素(LDH)やアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、間接ビリルビンが上昇する。また間接ビリルビンが上昇することで、症状として黄疸を認める。赤血球が減少するため体内では赤血球の産生が亢進するので網赤血球上昇、ハプトグロビン(Hp)の低下を認める。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

高齢者施設で働く2年目ナースの悩み「周囲の声にモヤモヤ」

「施設なんてもったいない」「病院にいれば良かったのに」とばかり言われ…。あなたはどう思う? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
1336
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2323
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1189
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1104
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
934
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
824
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
115
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2293

◆脳・神経の問題◆以下のうち、右被殻出血のある患者さんの症状はどれでしょうか?

  • 1.右片麻痺・右共同偏視
  • 2.右片麻痺・左共同偏視
  • 3.左片麻痺・右共同偏視
  • 4.左片麻痺・左共同偏視
今日のクイズに挑戦!