看護用語辞典 ナースpedia キーワード:溶血

溶血とは・・・

最終更新日 2019/07/17

溶血(ようけつ、hemolysis)とは、寿命を迎える前の赤血球が何らかの原因により破壊されることである。
赤血球の寿命は約120日と言われている。寿命が尽きると肝臓に運ばれ処理される。溶血が起きると、赤血球が未熟な状態で破壊されてしまう。このため、赤血球の寿命が120日未満と短くなってしまい、赤血球の不足などで体に様々な影響を及ぼす。溶血は血液検査でLDH、AST、カリウムの異常な上昇を認めた場合に疑うことが多い。

【原因】
溶血は、病的意義のある場合とない場合がある。

・病的意義のない場合
主に採血操作による溶血である。血管穿刺はできてもその血管が細く採血がしにくい場合に、陰圧を強くかけて採血すると溶血が起こることがある。

・病的意義がある場合
病的意義があるものには溶血性貧血という病名がつけられている。溶血性貧血は、血管内で起こるものと、血管外で起こるものの二つに大別される。

(1)血管内溶血を起こす疾患
発作性夜間ヘモグロビン尿症、G6PD欠損症、赤血球破砕症候群、ABO型不適合輸血など。

(2)血管外溶血を起こす疾患
遺伝性球状赤血球症、自己免疫性溶血性貧血(AIHA)、ピルビン酸キナーゼ(PK)欠損症、鎌状赤血球症、サラセミアなど。血管外溶血が起こる場所は、主に脾臓などの網内系である。

血管内溶血と血管外溶血の両方に見られる特徴としては溶血により赤血球内の成分である乳酸脱水素酵素(LDH)やアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、間接ビリルビンが上昇する。また間接ビリルビンが上昇することで、症状として黄疸を認める。赤血球が減少するため体内では赤血球の産生が亢進するので網赤血球上昇、ハプトグロビン(Hp)の低下を認める。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(1)

主人公の2年目ナースが受け持つ認知症の患者さん。転棟から間もなく、ある悩みが…。 [ 記事を読む ]

人工呼吸器はどんな種類がある?どう使い分ける?

手動式、機械式、体外循環式(ECMOなど)それぞれの特徴をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1374
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1196
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2737
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1068
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
971
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
763
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
108
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2270

◆腎・泌尿器の問題◆水腎症の原因にならないものは?

  • 1.過活動膀胱
  • 2.神経因性膀胱
  • 3.前立腺肥大症
  • 4.尿路結石
今日のクイズに挑戦!