看護用語辞典 ナースpedia キーワード:感染症

感染症とは・・・

最終更新日 2019/02/05

感染症(かんせんしょう、infectious disease)とは、細菌、ウイルス真菌、原虫、寄生虫などの病原体が体内で増殖し、症状を引き起こすことである。

【原因】
原因となる病原体は、ヒトからヒト、動物、植物、昆虫、食べ物、水などを介して体内へ入り込むが、自分自身が元々持っている病原微生物が、免疫の低下により、感染症を引き起こすこともある(日和見感染症)。なお、生き物ではないが、タンパク質性感染粒子であるプリオンも感染症の原因となる。

【症状】
症状は発熱、気道症状、消化器症状など病原微生物と感染臓器によってさまざまである。まれに症状を起こさないまま病原体が死滅したり、潜伏したりする場合もある(不顕性感染)。

【感染経路】
ヒト同士の間でうつる感染症は、病原体によって感染の仕方が異なり、それによって感染予防策も変化する。

(1)接触感染
院内で問題となるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などの多剤耐性菌、腸管感染症(クロストリジオイデス・ディフィシル菌、病原性大腸菌、ノロウイルスなど)、RSウイルス疥癬、ウイルス性結膜炎などは、感染者に直接触れる、あるいは感染者が触れたものに接触することで接触感染する。
感染予防には手指衛生のほか、手袋、ガウンなどを着用する必要がある。

(2)飛沫感染
インフルエンザ菌、ジフテリア、マイコプラズマ百日咳、溶連菌など呼吸器感染症を起こす細菌やインフルエンザ、アデノ、ライノ、ムンプス、風疹などのウイルスは、患者のくしゃみなどに含まれる飛沫を口やから吸い込むことで飛沫感染する。

患者の咳エチケット(咳をするとき手で覆う、マスクをする)や、周りの人のマスクの着用が感染予防に重要である。

(3)空気感染
麻疹水痘結核菌、SARSコロナウイルスは、病原体を含む飛沫が乾燥した小さな飛沫核を吸い込むことで空気感染する。

なお、感染者は空気が外部に漏れないような独立空調の陰圧個室に収容され、免疫を持たない周りの人はN95マスクを着用する必要がある。

(4)経口感染
食べ物から感染するもの(経口感染)には、病原体そのものが症状を引き起こす感染型(サルモネラ菌、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌O157など)と菌のつくる毒素が症状を引き起こす毒素型(セレウス菌、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌など)がある。

感染予防には手指衛生が重要となる。

(5)その他
ヒト以外の脊椎動物から感染する感染症を人畜共通感染症という。クラミジアによるオウム病、エキノコックス属条虫の幼虫によるエキノコックス症、リケッチアによるQ熱、ツツガムシ病、日本紅斑熱、ブルセラ属菌によるブルセラ症などがある。

その他、破傷風など土の中に存在する病原体が体内に入り込んで症状を引き起こすものや、自然界に存在する真菌や原虫が感染を引き起こす場合もある。

【生体の働き】
上記、病原体が皮膚や眼、気道、口腔、消化管、泌尿生殖器などの粘膜のバリアを破って体内に侵入すると、免疫が防御機構として働く。免疫には、病原体の侵入に対して即座に反応する、非特異的な「自然免疫」と、少し遅れるが病原体それぞれに対抗して働く特異的な免疫である「獲得免疫」の二つが免疫反応の柱となる。

このような免疫反応が働く結果、感染症としてさまざまな症状が現れる。免疫力が低下すると、普段はヒトにとって脅威とならない弱毒微生物にも感染し、発症する。

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

離婚話は泥沼!?向き合えないふたり|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(112)

話し合おうとしても、夫婦の溝は深まるばかり。しかも夫に嘘をふきこんでいたのは… [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1428
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1241
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1171
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1049
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1016
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
511
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3186

◆小児看護の問題◆1歳6カ月の女児Aちゃん。母親に抱きかかえられ、発熱と嘔吐を主訴に外来を受診しました。脱水が疑われ、末梢静脈路を確保し、点滴を投与することになりました。以下のうち、Aちゃんの末梢静脈路確保について間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.母親に付き添ってもらい恐怖心の軽減に努める。
  • 2.背静脈網は、穿刺部位としてよく選択される。
  • 3.血管の走行が分かりにくければ、血管確保用のライトを手掌から当てる方法がある。
  • 4.静脈留置針は20Gが選択される。
今日のクイズに挑戦!