看護用語辞典 ナースpedia キーワード:腎不全

腎不全とは・・・

最終更新日 2018/07/09

腎不全(じんふぜん)とは、腎臓の機能が低下した状態のことを指す。一般的に、腎不全のうち、比較的短期間で顕在化したものを急性腎不全、ある程度の時間を経て腎臓の機能が低下した状態を慢性腎不全という。
急性腎不全、慢性腎不全ともに、膨大な数の定義が存在することが21世紀初頭までの問題であった。そのため最近では、それぞれ急性腎傷害、慢性腎臓病という定義が提唱され、明確な診断基準を用いて病期分類を行うことが一般的になっている。

【急性腎傷害(acute kidney injury, AKI)】
2018年1月現在、Kidney Disease: Improving Global Outcomes (KDIGO)が提唱している定義と病期分類が最も広く用いられている(表1)。これにより、早期に腎機能障害を有する患者群を同定し、早期の介入が可能となった。

表1KDIGO診療ガイドラインによるAKI診断基準と病期分類

【慢性腎臓病(chronic kidney disease, CKD)】
KDIGOが提唱している定義と重症度分類が通常用いられる(表2、3)。

表2慢性腎臓病(chronic kidney disease, CKD)の定義

表3慢性腎臓病(chronic kidney disease, CKD)の病期分類

【症状】
腎臓の機能には、大きく分けて以下の2つがある。
1.血液中の様々な物質を排泄する
2.水分を排泄する
そのため、腎機能が低下した際には、以下が発生する。
・物質が排泄できないことで、問題が起こる(高カリウム血症、高マグネシウム血症、高リン血症、尿毒症、使用薬剤の血中濃度上昇など)
・水分が排泄できないことで、問題が起こる(浮腫、肺水腫など)
また、特に慢性腎不全では、上記の異常が長期化するため、他の臓器にも影響が出現する。特に、脳梗塞心筋梗塞、下肢潰瘍などの血管病変に伴う病気が問題となる。

【原因】
原因は、以下の2つに分かれる。
・腎臓そのものの病気(糸球体腎炎、多発性嚢胞腎など)
・それ以外(脱水尿閉など)

【治療】
治療は、大きく以下の2つに分かれる。
・腎臓をさらに悪くしないための治療(原疾患の治療、血圧管理、生活習慣の見直しなど)
・腎臓の機能を手助けする治療(利尿剤や透析など)

執筆

瀬尾龍太郎

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 腎不全|尿の生成と排泄[01/06up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 排尿の神経支配|尿の生成と排泄 今回は、腎不全について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 腎不全に関するQ&A[06/13up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「腎不全」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.腎不全ってどんな病気? 2.腎不全って何... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1303
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1206
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1058
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1018
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
803
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
346
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者262

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!