看護用語辞典 ナースpedia キーワード:多臓器不全症候群

多臓器不全症候群とは・・・

多臓器不全症候群(たぞうきふぜんしょうこうぐん)とは、腎臓、肺、肝臓、心臓、血管系、消化器、神経系の生命維持に必須な7系統の臓器のうち、2つ以上が同時、またはごく短い時間内に機能不全になることを指す。MODF(multiple organ dysfunction syndrome)。

多臓器不全を引き起こした場合、早急に適切な処置が施されないかぎり、そのまま死に至る。多臓器不全の治療は、機能不全に陥る原因となった疾患や外傷の治療と、各臓器の保護、機能不全になった臓器の代替療法を同時に行うことでなされる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高給与・休日多・教育◎・人間関係◎など…看護師さんの求人検索 詳細を見る 「他の職場を見てみませんか?」

ナースpediaのTOPへ戻る