看護用語辞典 ナースpedia キーワード:骨粗鬆症

骨粗鬆症とは・・・

最終更新日 2018/02/01

骨粗鬆症(こつそしょうしょう、osteoporosis)とは、さまざまな要因により骨密度が低下し、骨皮質も脆弱になることで骨の強度が低下し、骨折などを引き起こしやすくなる病気や病態のことである。

【種類】
骨粗鬆症は原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症の2つに分類することができるが、そのほとんどが原発性骨粗鬆症となっている。原発性骨粗鬆症とは、加齢や閉経によるホルモン分泌の変化によるもののことをいう。続発性骨粗鬆症はステロイドなどの薬剤によるものや、糖尿病や副甲状腺機能亢進症などの疾患に起因するもの、無動に伴うもの、低栄養に伴うものなどのことを指す。

【病態】
骨は破骨細胞による骨の破壊吸収と骨芽細胞による骨の形成のバランスが釣り合って、常にリモデリング(古い骨は吸収されて、新しい骨が作られる)が行われている。ホルモンのバランスが崩れたり、薬物の影響などで骨の吸収が相対的に亢進(こうしん)したりすることで発症する。

【予防】
骨粗鬆症のリスクとしては、喫煙、アルコール摂取、運動不足、食事栄養バランス、痩せなどが挙げられる。これらを是正することが骨粗鬆症の予防につながる。
日本骨粗鬆症学会が発表しているガイドライン『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン(2015)』によると、栄養バランスに関しては、カルシウム:700-800mg/日、ビタミンD:400-800IU/日(10-20µg/日)、ビタミンK:250-300µg/日が目標量として推奨されている。

【治療】
前述した食事療法以外に薬物治療もある。1)ビスホスホネート製剤、2)SERM(selective estrogen receptor modulator:エストロゲン受容体の部分アゴニスト)および女性ホルモン製剤、3)抗RANKL抗体(デノスマブ)、4)テリパラチドの4つに大別できる。
1)ビスホスホネート製剤
破骨細胞に取り込まれることで破骨細胞が障害される。その結果、骨吸収が抑制される。
2)SERM及び女性ホルモン製剤
破骨細胞の働きを抑制することで骨吸収が抑制される。
3)抗RANKL抗体
破骨細胞の成熟を阻害することで破骨細胞の働きが抑制される。その結果、骨吸収が抑制される。注射製剤で半年に1度の皮下注射となる。
4)テリパラチド
遺伝子組み換えのヒト副甲状腺ホルモン製剤である。骨芽細胞を活性化することで骨形成を促進させる効果を持つ。注射製剤で皮下注射となる。製剤により投与間隔が異なる。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1338
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1314
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1140
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1053
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
860
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
712
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5333

◆災害医療の問題◆惨事ストレスについて正しい説明は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.惨事ストレスは、通常、経験しない急激、かつ衝撃的な問題や脅威に直面した場合に生じる。
  • 2.交通事故や火災などの人為的災害時に、惨事ストレスは発症しやすくなる。
  • 3.惨事ストレスとは、小規模の事故や事件で起こるストレス反応ではなく、大規模災害時に起こるストレス反応のことを指す。
  • 4.現場での救援活動を職務とするレスキュー隊員には惨事ストレスは生じにくい。
今日のクイズに挑戦!