NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)ばかり頻回に使ってもいいの?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

 

今回は「NSAIDs」に関するQ&Aです。

 

久保健太郎
大阪市立総合医療センター看護部
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

NSAIDsばかり頻回に使ってもいいの?

 

NSAIDsの利用が頻回になる場合は、過剰使用による副作用に注意が必要です。

 

〈目次〉

 

NSAIDsとは

NSAIDs(non-steroidal anti-inflammatorydrugs)とは非ステロイド性抗炎症薬のことで、鎮痛、解熱、抗炎症作用を併せもつ薬剤の総称です。代表的なものに経口薬のロキソプロフェンナトリウム水和物(ロキソニン )、坐薬で使用されることの多いジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)、注射薬のフルルビプロフェンアキセル(ロピオン)などがあります。

 

術後には鎮痛目的で使用されることが多く、軽度~中等度の術後痛には鎮痛作用があることが明らかになっていますが、大手術の後には単独では十分な鎮痛効果が得られません。そのため大手術では、オピオイドや局所麻酔薬を硬膜外鎮痛法(硬膜外PCA)や静脈投与法(IV-PCA)で投与しながら、追加投与薬としてNSAIDsを併用します。オピオイドとNSAIDsを併用することで、互いの投与量を減らし、副作用を軽減する目的もあります(1)。

 

NSAIDsの副作用

オピオイドの副作用を軽減させるためにNSAIDsを併用しますが、NSAIDs自体も安全な薬剤とはいい切れません。NSAIDsの主な副作用を表1に示します。特に消化管出血などの腸障害は有名で、毎年多くの死亡例があると報告されています。NSAIDsの副作用は用量依存性に起こるといわれているため、過剰使用となるような場合には特にこれらの副作用に注意し、予防的あるいは発症後すみやかに対策を講じる必要があります。

 

表1NSAIDsの副作用

NSAIDsの副作用

 

* 1  COX-2 選択性阻害薬:NSAIDs はシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害しプロスタグランジン(PG:炎症や疼痛の 原因物質)を抑制することで鎮痛や抗炎症などの薬理作用を発揮する。COX には「COX-1」と「COX-2」の2 つがあ り、COX-1 は胃粘膜保護、腎機能維持、血小板凝集に関連するPG を産生し、COX-2 は炎症や疼痛に関与するPG を産生する。つまり鎮痛や抗炎症作用を期待する場合はCOX-2 だけを阻害する薬剤が理想的と考えられており、 COX-2 選択性の高い薬剤は消化管障害の副作用が発現しにくいことが明らかになっている。術後疼痛で使用できる COX-2 選択性阻害薬は現在のところセレコキシブ(セレコックス)とエトドラク(ハイペン)のみ。
* 2  プロトンポンプ阻害薬:胃の壁細胞のプロトンポンプに作用して、胃酸分泌を抑制し消化性潰瘍治療薬として用い られている。NSAIDs 潰瘍に使用できるのはランソプラゾール(タケプロン)とエソメプラゾールマグネシウム水和物 (ネキシウム)のみで再発予防に限られている。

 

そして看護師がやるべきことは、これらの副作用を十分に理解したうえで、

 

  • 危険な既往歴を聞き逃さない(特に消化性 潰瘍やアスピリン喘息
  • 副作用のハイリスク患者にはNSAIDs ではなく他の薬剤を使用する
  • 副作用の徴候を見逃さない

ことが重要です。

 


[文献]

  • (1)Ballantyne J, Carwood C 著,唐澤富士夫訳.:最 適な術後鎮痛法,Lee A. Fleisher 著,稲田英一監 訳,エビデンスに基づく実践麻酔科学,エルゼビ ア・ジャパン,東京,2006:479-488.
  • (2)田上望,牛島一男:非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)の使い方.ペインクリニック 2013; 34:221-231.

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

⇒〔症状に関するQ&A一覧〕を見る

 

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ