看護用語辞典 ナースpedia キーワード:白血球数

白血球数とは・・・

最終更新日 2018/05/08

白血球数(はっけっきゅうすう、white blood cell count)とは、血球成分の一種である白血球の数のことである。WBCと記載される場合が多い。

白血球の主な機能は、体内に侵入した病原体や異物から身体を守ることである。白血球は骨髄系、リンパ系に大別される。

骨髄系はさらに、顆粒球である好中球・好塩基球・好酸球と単球に分類される。好中球は細菌など異物の貪食・除去を行い、好酸球は寄生虫除去やアレルギー反応に関与し、好塩基球は即時型アレルギーへ関与し、単球は組織内でマクロファージへ分化し強い貪食能で免疫機能を担う。

リンパ系は細胞表面マーカーや機能によってB細胞、T細胞、NK細胞へ分けられ、それぞれが異なる機序の免疫能を持つ。

白血球数の基準範囲は約3,300~8,000/µL。各分画の値は、好中球40~70%、好酸球0~5%、好塩基球0~2%、単球2~10%、リンパ球20~50%。

白血球数の異常を認めた場合は、白血球の分画を必ず調べ、増加あるいは減少している白血球の種類を同定することで診断の一助になる。10,000~50,000/µLで軽度~中等度増加、50,000/µL以上で高度増加と定義される。原因として、喫煙(軽度増加の最多原因)、薬剤(特に、副腎皮質ホルモン)、白血病などの造血器腫瘍性疾患、感染症など炎症による急性期反応、悪性腫瘍などが鑑別すべき疾患として挙げられる。

一方、1,000~3,000/µLを軽度~中等度減少、1,000/µL以下を高度減少と定義する。特に、顆粒球(好中球)数が1,500/µL以下となった場合を顆粒球減少症、500/µL以下となった場合を無顆粒球症と呼ぶ。

原因としては、造血幹細胞の異常(骨髄異形成症候群、白血病、再生不良性貧血など)、抗がん剤・抗生物質などの薬剤や放射線照射などへの反応、自己免疫性疾患、重症感染症などが挙げられる。いずれも、血液検査をはじめ、画像検査、骨髄検査による原因検索が必要である。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1426
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1303
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1182
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1081
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
938
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
741
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者8618

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!