看護用語辞典 ナースpedia キーワード:急性期

急性期とは・・・

急性期(きゅうせいき)とは、症状が急激に現れる時期のことである。病気になり始めの時期、と言うこともできる。

症状の経過時期・必要とされる処置内容に応じて急性期のほか回復期慢性期終末期などに分けられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

栄養剤の投与で見るべきポイント、押さえました

栄養剤注入を「投与前」「投与中」「投与終了後」に分け、流れに沿って、それぞれの基本的な注意点・看護のポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1447
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
557
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
540
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
479
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
455
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1682

46歳女性、呼吸困難感を訴えて歩行で来院しました。SpO2は92%で会話は可能です。喘鳴が聴診しなくても聞こえてきます。以下の中で最も正しい考え・対応はどれでしょうか?

  • 1.喘鳴があるものの、SpO2の値が正常範囲のため、待合室で診察を待っていてもらう。
  • 2.気管挿管の可能性を考え、水分摂取は控えるように伝える。
  • 3.拘束性障害を起こしている可能性があり、座位で治療を受けるほうがよい。
  • 4.待っている間に喘鳴が消失したため、そのまま様子を見た。
今日のクイズに挑戦!