看護用語辞典 ナースpedia キーワード:悪性リンパ腫

悪性リンパ腫とは・・・

最終更新日 2018/01/17

悪性リンパ腫(あくせいりんぱしゅ・malignant lymphoma)とは、白血球の一種であるリンパ球に由来する悪性腫瘍の総称である。リンパ節、脾臓、扁桃などが腫大する場合が多い。血液細胞由来の癌の中で最も発症率が高く、日本での罹患率は人口10万人当たり20程度で、増加傾向にある。小児、若年者にも発生するが、60~70歳代がピークである。
発症要因は不明なものも多いが、遺伝子の変異や染色体異常から、遺伝性の要素や、病型によってはEB(エプスタイン・バー/Epstein-Barr)ウイルスやC型肝炎ウイルス、ヘリコバクター・ピロリなど、ウイルスや細菌の感染が関与する可能性も考えられている。

【確定診断】
・リンパ節生検による病理学的検査
染色体検査
遺伝子検査
・フローサイトメトリー(細胞の解析方法の一つ) など

病理検査で、ホジキン(Hodgkin)細胞、リード・シュテルンベルグ(Reed-Sternberg)細胞といった特徴的な細胞がみられるものをホジキンリンパ腫とし、それ以外を非ホジキンリンパ腫と分類する。欧米と異なり、日本では非ホジキンリンパ腫が多く約90%を占める。

【ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫】
ホジキンリンパ腫は、古典的ホジキンリンパ腫と結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫、大きく2種類に分けられる。非ホジキンリンパ腫は、がん化したリンパ球の種類(T細胞、B細胞、NK細胞)、および成熟度、染色体検査、遺伝子検査の結果により細かく分類される。なかでもB細胞由来のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma、DLBCL)と、濾胞性リンパ腫(follicular lymphoma、FL)の頻度が高い。病型によって進行度、悪性度が決まる。

【症状】
・頸部、腋窩、鼠径リンパ節の通常無痛性の腫脹
・節外病変(脳、肺、消化管、皮膚、骨髄などリンパ節以外の臓器にも腫瘍が生じる)では、病変の占拠部位によって、重篤な症状(麻痺や気道閉塞、消化管穿孔貧血等)があらわれることがある。
・B症状(発熱、体重の減少、盗汗[大量の寝汗])

ホジキンリンパ腫では、ペル・エプスタイン熱(Pel-Ebstein)と言われる発熱と解熱の繰り返しが見られることもある。

【予後判定】
・進行期ホジキンリンパ腫
→国際予後スコア(IPS・International Prognostic Score):年齢、性別、血清アルブミン値、ヘモグロビン値、病期、白血球数、リンパ球数

・非ホジキンリンパ腫(特にDLBCLなどの急速進行型、中、高悪性度)
→国際予後指数(IPI・International Prognostic Index):非ホジキンリンパ腫(特にDLBCLなどの急速進行型、中、高悪性度)における予後推定モデル。①年齢(60歳を超える)、②血清LDH値(正常上限を超える)、③Performance Status(日常生活の制限の程度を0~4で表現。2以上)、④病期(Ⅲ期以上)、⑤リンパ節以外の病変数(2以上)、の5項目で評価する。項目数0~1は低リスク、2は低中リスク、3は低高リスク、4~5は高リスクに分類される。

【治療方針】
病理学的分類と進行度(病期分類)、リスク分類にもとづいて決定されるが、基本的に抗がん剤や分子標的薬による薬物療法(DLBCLに対するR-CHOP療法など)と放射線療法が中心となる。年齢や再発の可能性に応じて造血幹細胞移植が行われる場合がある。悪性度が低く進行が遅いと予測される場合は治療を行わず経過観察する場合もある。治療効果はCTやPET-CTによる病変の縮小、消失の有無で判定する。

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 転移性脳腫瘍と近年増加している脳原発悪性リンパ腫[01/25up]

    『BRAIN』2012年9月号<脳腫瘍にはどのような種類があるか>より抜粋。 転移性脳腫瘍と脳原発悪性リンパ腫について解説します。 Point がん患者で頭痛・嘔気・麻痺などの神経症状を認めたら,転移性脳腫瘍... [ 記事を読む ]

  • 悪性リンパ腫に関するQ&A[11/09up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「悪性リンパ腫」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.悪性リンパ腫ってどんな病気? 2.... [ 記事を読む ]

  • R-CHOP療法(化学療法のポイント)/悪性リンパ腫[08/25up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)の患者さんに使用する抗がん剤「R-CHOP療法(リツキシマブ+シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン+プレドニゾロ... [ 記事を読む ]

  • R-CHOP療法(看護・ケアのポイント)/悪性リンパ腫[08/28up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)の患者さんに使用する抗がん剤「R-CHOP療法(リツキシマブ+シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン+プレドニゾロ... [ 記事を読む ]

  • ABVD療法(看護・ケアのポイント)/悪性リンパ腫[09/01up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、悪性リンパ腫の患者さんに使用する抗がん剤「ABVD療法(ドキソルビシン+ブレオマイシン+ビンブラスチン+ダカルバジン療法)」について、看護・ケアのポイントについ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1385
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1267
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1171
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1065
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
954
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
565
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6565

◆周術期の問題◆あなたは明日、腹腔鏡下胃全摘術の手術を受ける67歳男性の術前訪問に来ています。以下のうち、術前訪問について誤った行動はどれでしょうか?

  • 1.過度の不安は麻酔に影響するため、術式、手術体位などは患者さんから聞かれない場合は説明しない。
  • 2.手術を受けるに当たって不安はないか確認する。
  • 3.自己紹介を行い、手術を担当する受け持ち看護師であることを伝える。
  • 4.術前訪問では、アレルギーや既往歴などのAMPLE聴取を行う。
今日のクイズに挑戦!