ABVD療法(化学療法のポイント)/悪性リンパ腫

この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。
今回は、悪性リンパ腫の患者さんに使用する抗がん剤「ABVD療法(ドキソルビシン+ブレオマイシン+ビンブラスチン+ダカルバジン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。

 

第2話:『ABVD療法(看護・ケアのポイント)/悪性リンパ腫

ABVD療法(ドキソルビシン+ブレオマイシン+ビンブラスチン+ダカルバジン療法)

 

西森久和
(岡山大学病院 血液・腫瘍内科)

 

ABVD療法のポイントA・B・C

  • ポイントA:ドキソルビシンの血管外漏出、ダカルバジンの血管痛に注意して投与しよう!
  • ポイントB:初日の嘔気、嘔吐の程度を把握して、次コース以降の制吐剤を検討しよう!
  • ポイントC:感染管理はもちろん、ブレオマイシンによる肺障害にも注意しよう!

 

〈目次〉

 

ABVD療法はホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)の患者さんに行う抗がん剤治療

ABVD(エービーブイディー)療法とは、悪性リンパ腫のうちホジキンリンパ腫の患者さんに対して行う、最も代表的な抗がん剤治療です。

 

ABVD療法を行う際には、投与時の血管外漏出や血管痛投与1日目の嘔気や嘔吐と、1~2週間程度で起こる骨髄抑制(特に、白血球・好中球減少)などが患者さんに起こっていないか、注意しましょう。

 

ABVD療法のポイントA

  • ドキソルビシンの血管外漏出、ダカルバジンの血管痛に注意して投与しよう!

 

ABVD療法で使用する薬剤

ABVD療法で使用する薬剤は、表1のとおりです。

 

 

表1ABVD療法で使用する薬剤

ABVD療法で使用する薬剤

 

(写真提供:協和発酵キリン株式会社、日本化薬株式会社)

 

ABVD療法のレジメン

ドキソルビシン(アドリアシン)、ブレオマイシン(ブレオ)、ビンブラスチン(エクザール)、ダカルバジン(ダカルバジン)は、1、15日目(Day 1、15)に投与し、2~14、16~28日目は休薬します(表2)。

 

 

表2ABVD療法のレジメン

ABVD療法のレジメン

 

ABVD療法で使用する薬剤の投与方法(表3

 

表3ABVD療法の投与方法

ABVD療法の投与方法

 

生食:生理食塩水

 

*本投与方法は、岡山大学病院で行われているものです(2017年5月現在)。

 

上記を1コースとして、1コース投与後は4週間ごとに同様のものを投与し、これを6~8サイクル繰り返します。つまり、2コース目は、29日目から始まります。

 

ABVD療法の代表的な副作用

ABVD療法の代表的な副作用は、嘔気や嘔吐、骨髄抑制(特に白血球・好中球減少)、発熱性好中球減少症(FN)、便秘、末梢神経障害、脱毛などがあります。

 

急に起こる副作用は、嘔気、嘔吐、便秘、などです。

 

遅れて起こる副作用は、骨髄抑制、発熱性好中球減少症(FN)、末梢神経障害、脱毛などです。

 

また、ブレオマイシン(ブレオ)の投与によって急に起こる悪寒や発熱と、遅れて起こる肺障害には注意が必要です。

 

また、ダカルバジン(ダカルバジン)は、投与時に血管痛を伴うことが多いです。

 

ABVD療法のポイントB

  • 初日の嘔気、嘔吐の程度を把握して、次コース以降の制吐剤を検討しよう!

 

ABVD療法のポイントC

  • 感染管理はもちろん、ブレオマイシンによる肺障害にも注意しよう!

 

ABVD療法の治療成績

ABVD療法の治療成績は5年生存率80%強と非常に高いものです。また、治癒する患者さんも多く、効果的な治療法と言えます。

 

しかし、副作用が原因で死亡する方や、ABVD療法がきっかけとなって、別のがん(治療関連白血病など)が発症する患者さんもいるため、注意が必要です。

 

[関連記事]
  • 第2話:『ABVD療法(看護・ケアのポイント)/悪性リンパ腫』
  • ⇒『抗がん剤 A・B・C』の【総目次】を見る

 


 


[監 修]
齋藤信也
岡山大学大学院保健学研究科 教授

 

[編集・執筆]
西森久和
岡山大学病院 血液・腫瘍内科

 


*本連載では、薬剤の厳密な指示・副作用・投与スケジュールなどについて記載されていますが、これらは2017年5月時点のもので、変更される可能性がございます。薬剤の使用にあたっては、製品に添付されている最新の情報を十分にご参照ください。

 

*本連載では、登録商標マーク®の記載はすべて省略しています。

 

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ