看護用語辞典 ナースpedia キーワード:麻痺

麻痺とは・・・

最終更新日 2018/02/06

麻痺(まひ、paralysis)とは、中枢神経や末梢神経が障害され、部分的な運動機能や温痛感覚が喪失あるいは低下した状態のことである。

一般的に「麻痺」というと、運動麻痺のことを頭に浮かべることが多い。そもそも意志によって行われる運動は随意運動と言われるが、この運動が障害された状態が麻痺である。

【分類】
その程度により、完全に機能が喪失したものを完全麻痺、一部の機能が低下したものを不全麻痺に分類される。他にも、下記のように麻痺の部位によっても分類される。
・片(かた・へん)麻痺:一側の上下肢に生じた麻痺。
・対(つい)麻痺:両側上肢または下肢に対称的に生じた麻痺。

【障害部位と症状】
随意運動は、大脳皮質運動野から錐体路(すいたいろ)と呼ばれる経路を経て、脳神経運動核や脊髄前角細胞を介して、末梢神経により筋骨格へ刺激が伝達されて運動が成立する。このときに障害部位が錐体路よりも上位か下位かで症状が変わってくる。
・痙性(けいせい)麻痺:上位障害によって、筋緊張の亢進、深部腱反射(膝蓋腱反射など)の亢進がみられる麻痺。
・弛緩性(しかんせい)麻痺:下位障害によって、筋緊張の低下、深部腱反射の低下・消失がみられる麻痺。
これらの特徴をつかんで、診察すると、画像検査などを行わなくても、ある程度障害部位を推定することができるようになる。

執筆

金谷裕司

自治医科大学 整形外科

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
838
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
804
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
754
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
344
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者193

一人暮らしの82歳男性患者さん。糖尿病で血糖下降薬を内服中です。病院より数種類の内服薬が1日3回処方されていますが、定時に内服したかどうか忘れてしまうことが多くなってきています。血糖コントロールに影響するため、主治医から内服管理を主な目的として、訪問看護の依頼がありました。現在は、内服薬の飲み忘れ以外では、大きな問題はなく生活ができています。以下のうち、訪問看護師の内服管理の方法で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.内服薬の飲み方について手順書を作成し、壁に貼って確認をするように指導した。訪問看護師は、訪問時に患者さんに内服が手順通りにできているかを患者さん本人に聞くようにした。
  • 2.訪問看護師が一包化した処方薬ごとに内服する日にちと曜日を記入し、配薬カレンダーに配薬した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを見て、正しく内服しているか確認した。
  • 3.一包化した処方薬ごとに、患者さん自身で、内服する日にちと曜日を書き入れてもらい、配薬カレンダーに入れるように指導した。訪問看護師は、訪問時に配薬カレンダーを確認して正しく内服しているか確認した。
  • 4.訪問看護師が薬の袋に内服する時間を記入した。患者さん自身でその都度、ヒートのままの数種類の薬を取り出し、内服するように指導した。訪問看護師は、訪問時に残薬数の確認をして正しく内服できているか確認した。
今日のクイズに挑戦!