看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アルブミン

アルブミンとは・・・

最終更新日 2019/02/19

アルブミン(あるぶみん、albumin;Alb)とは、血漿タンパクの中で最も多く存在し、約60%を占めているタンパク質である。

【働き】
働きとしては大きく2つに分けられ、膠質浸透圧を維持する働き(血液を血管内に保持する働き)と、さまざまな物質と結合し運搬する働きがある。
(1)膠質浸透圧の維持
膠質浸透圧の維持に中心的な働きをしており、血管内に水分を保持する重要な役割を担っている。膠質浸透圧の約80%を占めており、アルブミン1gで約20mLの水分を保持する作用があるとされている。
(2)物質の運搬
アルブミンは、多くの結合部位を持ち、物質の運搬に関わる。例えば、ワーファリンやフェニトインといった多くの薬物と結合する。薬物だけでなくビリルビン、脂肪酸、甲状腺ホルモン、コルチゾール、アルドステロンなどといった体内の生理的活性物質とも結合し、目的部位へと運搬している。

【臨床的意義】
アルブミンの血中濃度は、臨床的に重要な指標として用いられる。基準値は、約3.8~5.2g/dLとされる。例えば、アルブミン血中濃度が低下した場合には、低栄養や肝障害(肝臓の合成能の低下)、ネフローゼ症候群(腎臓からのアルブミンの喪失)などが考慮される。それ以外にもアルブミン製剤も臨床ではよく用いられ、難治性浮腫の治療やショック・重症熱傷の患者への輸液療法に用いられる。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1424
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1301
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1180
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1080
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
931
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
724
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7799

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!