看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アルブミン

アルブミンとは・・・

最終更新日 2019/02/19

アルブミン(あるぶみん、albumin;Alb)とは、血漿タンパクの中で最も多く存在し、約60%を占めているタンパク質である。

【働き】
働きとしては大きく2つに分けられ、膠質浸透圧を維持する働き(血液を血管内に保持する働き)と、さまざまな物質と結合し運搬する働きがある。
(1)膠質浸透圧の維持
膠質浸透圧の維持に中心的な働きをしており、血管内に水分を保持する重要な役割を担っている。膠質浸透圧の約80%を占めており、アルブミン1gで約20mLの水分を保持する作用があるとされている。
(2)物質の運搬
アルブミンは、多くの結合部位を持ち、物質の運搬に関わる。例えば、ワーファリンやフェニトインといった多くの薬物と結合する。薬物だけでなくビリルビン、脂肪酸、甲状腺ホルモン、コルチゾール、アルドステロンなどといった体内の生理的活性物質とも結合し、目的部位へと運搬している。

【臨床的意義】
アルブミンの血中濃度は、臨床的に重要な指標として用いられる。基準値は、約3.8~5.2g/dLとされる。例えば、アルブミン血中濃度が低下した場合には、低栄養や肝障害(肝臓の合成能の低下)、ネフローゼ症候群(腎臓からのアルブミンの喪失)などが考慮される。それ以外にもアルブミン製剤も臨床ではよく用いられ、難治性浮腫の治療やショック・重症熱傷の患者への輸液療法に用いられる。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

曜日感覚|マンガ・ぴんとこなーす【285】

シフトで働くナースあるある?あなたはどう? [ 記事を読む ]

今知っておきたい!肺炎ケアのポイント

肺炎の原因別分類やおもな症状から、治療やケアまで、肺炎のキホンを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1608
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1524
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1387
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1286
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
1124
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日

切ない別れのエピソード大募集!

投票数:
783
実施期間:
2020年02月25日 2020年03月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4323

◆フィジカルアセスメントの問題◆瞳孔のアセスメントで、間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.脳が正常であっても、瞳孔不同がある場合がある。
  • 2.瞳孔を観察する際は、目尻から光を照らし、瞳孔を観察した。
  • 3.病側共同偏視があったため、橋出血の障害を疑った。
  • 4.その患者さんの基準とする瞳孔径の大きさは光を照らす前のものとする。
今日のクイズに挑戦!