看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アルブミン

アルブミンとは・・・

最終更新日 2019/02/19

アルブミン(あるぶみん、albumin;Alb)とは、血漿タンパクの中で最も多く存在し、約60%を占めているタンパク質である。

【働き】
働きとしては大きく2つに分けられ、膠質浸透圧を維持する働き(血液を血管内に保持する働き)と、さまざまな物質と結合し運搬する働きがある。
(1)膠質浸透圧の維持
膠質浸透圧の維持に中心的な働きをしており、血管内に水分を保持する重要な役割を担っている。膠質浸透圧の約80%を占めており、アルブミン1gで約20mLの水分を保持する作用があるとされている。
(2)物質の運搬
アルブミンは、多くの結合部位を持ち、物質の運搬に関わる。例えば、ワーファリンやフェニトインといった多くの薬物と結合する。薬物だけでなくビリルビン、脂肪酸、甲状腺ホルモン、コルチゾール、アルドステロンなどといった体内の生理的活性物質とも結合し、目的部位へと運搬している。

【臨床的意義】
アルブミンの血中濃度は、臨床的に重要な指標として用いられる。基準値は、約3.8~5.2g/dLとされる。例えば、アルブミン血中濃度が低下した場合には、低栄養や肝障害(肝臓の合成能の低下)、ネフローゼ症候群(腎臓からのアルブミンの喪失)などが考慮される。それ以外にもアルブミン製剤も臨床ではよく用いられ、難治性浮腫の治療やショック・重症熱傷の患者への輸液療法に用いられる。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

新人ナースと超ドSドクターの胸キュンドラマ『恋つづ』|上白石萌音インタビュー

上白石萌音×佐藤健のラブコメディ♡ ナース役初挑戦への想いを聞きました! [ 記事を読む ]

呼吸管理で聞く「ETCO2」って、なに?

ETCO2とは何かから、カプノグラムの異常波形まで、知っとこう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

宝くじあたったことある?

投票数:
1597
実施期間:
2019年12月27日 2020年01月17日

あなたはおみくじを引きますか?

投票数:
1499
実施期間:
2019年12月31日 2020年01月21日

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1318
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1200
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1094
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
989
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
871
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7721

◆消化器の問題◆胃切除後の患者さんへの退院指導の内容として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.食後は臥位になってゆったり過ごしましょう。
  • 2.体重減少が起こりますが、体重の変化は気にせず過ごしましょう。
  • 3.後期ダンピング症候群の対処法として、塩分と水分を補給しましょう。
  • 4.手術前よりもおなら(放屁)が出やすくなっていますが、あまり気にせずゆっくり回復を待ちましょう。
今日のクイズに挑戦!