看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アルブミン

アルブミンとは・・・

最終更新日 2019/02/19

アルブミン(あるぶみん、albumin;Alb)とは、血漿タンパクの中で最も多く存在し、約60%を占めているタンパク質である。

【働き】
働きとしては大きく2つに分けられ、膠質浸透圧を維持する働き(血液を血管内に保持する働き)と、さまざまな物質と結合し運搬する働きがある。
(1)膠質浸透圧の維持
膠質浸透圧の維持に中心的な働きをしており、血管内に水分を保持する重要な役割を担っている。膠質浸透圧の約80%を占めており、アルブミン1gで約20mLの水分を保持する作用があるとされている。
(2)物質の運搬
アルブミンは、多くの結合部位を持ち、物質の運搬に関わる。例えば、ワーファリンやフェニトインといった多くの薬物と結合する。薬物だけでなくビリルビン、脂肪酸、甲状腺ホルモン、コルチゾール、アルドステロンなどといった体内の生理的活性物質とも結合し、目的部位へと運搬している。

【臨床的意義】
アルブミンの血中濃度は、臨床的に重要な指標として用いられる。基準値は、約3.8~5.2g/dLとされる。例えば、アルブミン血中濃度が低下した場合には、低栄養や肝障害(肝臓の合成能の低下)、ネフローゼ症候群(腎臓からのアルブミンの喪失)などが考慮される。それ以外にもアルブミン製剤も臨床ではよく用いられ、難治性浮腫の治療やショック・重症熱傷の患者への輸液療法に用いられる。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1316
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1030
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
803
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
622
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者814

◆災害医療の問題◆惨事ストレスについて正しい説明は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.惨事ストレスは、通常、経験しない急激、かつ衝撃的な問題や脅威に直面した場合に生じる。
  • 2.交通事故や火災などの人為的災害時に、惨事ストレスは発症しやすくなる。
  • 3.惨事ストレスとは、小規模の事故や事件で起こるストレス反応ではなく、大規模災害時に起こるストレス反応のことを指す。
  • 4.現場での救援活動を職務とするレスキュー隊員には惨事ストレスは生じにくい。
今日のクイズに挑戦!