看護用語辞典 ナースpedia キーワード:腸炎

腸炎とは・・・

最終更新日 2018/07/09

腸炎(ちょうえん)とは、腸に発生する炎症の総称である。症状は、下痢、腹痛、血便、発熱、嘔吐などであり、病変の部位、程度、びらん・潰瘍の有無、通過障害の有無などにより症状は異なる。

腸炎を疑わせる症状があれば、急性か慢性か、炎症が小腸主体か大腸主体かを考える。症状が2〜3週間持続していれば慢性の腸疾患を疑う。
感染性腸炎や虚血性大腸炎はほとんどが急性腸炎であり、クローン病潰瘍性大腸炎等の炎症性腸疾患は慢性経過を辿る。
感染性腸炎は細菌、ウイルスの感染によって発症し、細菌感染では大腸型、ウイルス感染では小腸型が多い。
虚血性大腸炎や潰瘍性大腸炎は名前の通り大腸に炎症があり、クローン病は小腸型、大腸型、小腸大腸型がある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1465
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1345
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1222
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1150
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
452
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
945
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7959

筋肉注射についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.急速に薬効を期待する場合には静脈注射や皮内注射ではなく、筋肉注射を選択する。
  • 2.繰り返し筋肉注射で薬剤を投与する場合、もっとも筋層が厚い大腿部を用いることが推奨される。
  • 3.注射部位に三角筋を選択する場合は、45~90度の刺入角度で注射する。
  • 4.薬液は1秒/mLで速やかに注入し、刺入部は1~2分程度マッサージを行う。
今日のクイズに挑戦!