看護用語辞典 ナースpedia キーワード:真菌

真菌とは・・・

最終更新日 2019/08/20

真菌(しんきん、mycotic)とは、いわゆる「かび」、および酵母やキノコも含む一群の微生物を指す。
知られているだけで7万種、未知のものも含めると150万種に及ぶと考えられている。土壌、水、空気などの自然環境に生息し、有機物の吸収により栄養を得ている。
■細菌との違い
細菌はを覆う膜を持たず、細胞内にむきだしの状態で染色体が細胞質の中に浮遊している原核細胞(原核生物)である。これに対し、真菌はヒトと同じく、核が膜に覆われて保護され、核と細胞質が明確に区別されている細胞(真核細胞)からなる真核生物である。

【役割】
自然界においては動植物の枯死体を腐生(分解)させる役割を持つ。一部の真菌がヒトに寄生、定着し、真菌症を引き起こす。
また、以下のように、食物や飲料に含まれるような私たちの食生活に関係する真菌の例もある。
・Aspergillus orizae(黄麹、日本酒)
・Aspergillus awamori(黒麹)
・Aspergillus sojae(しょうゆ、みそ)
・Aspergillus repens(鰹節)
・Penicillium roqufortii(ゴルゴンゾーラ、青かび)
・Penicillium camembertii(カマンベールチーズ、白かび)
・Saccharomyces serevisiae(ビール酵母、イースト)

【分類】
菌糸とよばれる糸状の構造物を延ばしていく糸状菌と、菌糸を作らず生活の大部分を球形または長形の単細胞で過ごす酵母型真菌とに分けられる。さらに両方の形態をとる二形(二相)性真菌もある。

表1真菌の形態による分類と例

真菌の形態による分類と例

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

便秘タイプ別・上手な下剤の使い方|排便ケアを極める(3)

「下剤の投与」の方法を紹介!わかりやすいフローチャートや薬の一覧も。 [ 記事を読む ]

マスクが1日1枚…!!感染リスクを下げるにはどうすれば?

マスクの使用制限がある中で、看護師のみなさんが不安に思っていることを感染症専門医が解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「看護観」って実際ある?ない?

投票数:
1312
実施期間:
2020年03月10日 2020年03月31日

小さい頃の将来の夢はなんだった?

投票数:
1269
実施期間:
2020年03月13日 2020年04月03日

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1085
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2423
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
895
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
656
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2979

◆脳・神経の問題◆以下の中で、女性に多いとされる脳腫瘍はどれでしょうか?

  • 1.髄芽腫
  • 2.髄膜腫
  • 3.下垂体腺腫
  • 4.神経膠腫
今日のクイズに挑戦!