看護用語辞典 ナースpedia キーワード:タンパク質

タンパク質とは・・・

最終更新日 2018/05/31

タンパク質(たんぱくしつ)は、細胞中のリボソームで合成される複数(おおまかには50個以上)の線状に連なったアミノ酸が構成する分子の総称である。それぞれのタンパク質は、アミノ酸の配列によって規定される立体構造を有する。この立体構造が、それぞれのタンパク質の生体における機能を特徴づける。

例えば、以下のような特徴がある。
・酵素としてエネルギー代謝や細胞内の分子合成に関わる。
・シグナル(信号)として細胞内や細胞間の情報伝達に携わる。たとえば、膵臓から分泌されるインスリンは、全身の細胞の膜上にあるインスリン受容体 (これもタンパク質である)に結合し、ブドウ糖の取り込みを促進する。
・構造タンパク質として生体を形作る。たとえば、コラーゲンエラスチン皮膚や軟骨などの結合組織を構成するタンパク質である。

タンパク質の合成障害は、さまざまな疾患の原因となることが知られている。合成されたタンパク質が、その本来の機能を発揮できないためである。これらの疾患の例として、アルツハイマー病、パーキンソン病、プリオン病、前頭側頭葉変性症、筋萎縮性側索硬化症、ハンチントン舞踏病 (およびその類縁疾患)、アミロイドーシス、白内障、嚢胞性線維症、鎌状赤血球症などがある。また、正常に合成されたタンパク質が、時間を経て変性や分解され疾患として発症する場合もある。加齢による白内障はその例である。
 

執筆

園 真廉

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3)[07/09up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 実は多機能、細胞膜|細胞ってなんだ(2) 細胞の世界を探検中のナスカ。前回は細胞膜がとて... [ 記事を読む ]

  • 核の機能・タンパク質の合成|細胞の構造と機能(3)[02/06up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 細胞小器官の機能|細胞の構造と機能(2) 今回は、核の機能とタンパク質合成について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授... [ 記事を読む ]

  • タンパク質はどのように代謝されるの?[03/30up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「タンパク質代謝」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   タンパク質はどのように代謝されるの? 食物中のタンパク質はアミノ酸... [ 記事を読む ]

  • 余ったタンパク質はどうなるの?[04/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「余ったタンパク質」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   余ったタンパク質はどうなるの? タンパク質は、炭水化物や脂質のよ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1231
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2828
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1110
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1014
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
865
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
543
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5925

◆浮腫の問題◆浮腫について正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.すべての浮腫の患者さんに水分管理が優先される。
  • 2.浮腫の観察は下肢以外では行わない。
  • 3.浮腫による皮膚トラブル予防には保湿剤の塗布を行う。
  • 4.浮腫の触診は骨のない柔らかい部分が最適である。
今日のクイズに挑戦!