看護用語辞典 ナースpedia キーワード:生化学検査

生化学検査とは・・・

最終更新日 2018/10/25

生化学検査(せいかがくけんさ、biochemical tests)とは、臨床検査のうち、血液を使用する検体検査の一種である。血液の血清や血漿中に含まれる各種物質の濃度を生化学的手法で測定することで、全身状態、各臓器の状態を推測する。その他、血液を使用した検体検査には、血液学的検査、免疫学的検査などがある。

【分類】
生化学検査の一般的分類は、血清タンパク(蛋白)質検査、血清酵素検査、糖代謝検査、脂質代謝検査、窒素化合物検査、腎機能検査、水・電解質検査などである。
ここでは、上記の分類とは異なるが、臓器別(肝胆道系、腎・電解質、筋肉など)に分けてそれぞれ測定できる項目を簡単に紹介する。

■肝胆道系に関連した検査項目
肝胆道系に関連した項目では、アスパラギン酸アミノ基転移酵素(AST〈GOT〉)、アラニンアミノ基転移酵素(ALT〈GPT〉)、乳酸脱水素酵素(LD〈LDH〉)、コリンエステラーゼ(ChE)、γ-GT(γ-GTP)、総ビリルビン(T-Bil)、直接ビリルビン(D-Bil)、アルカリホスファターゼ(ALP)などがある。

■腎機能・電解質に関連した検査項目
腎・電解質に関連した項目では、尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cr)、尿酸(UA)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、クロール(Cl)、カルシウム(Ca)、無機リン(IP)などがある。

■筋肉に関連した検査項目
筋肉に関連した項目では、クレアチンキナーゼ(CK)がある。

■骨に関連した検査項目
骨に関連した項目では、アルカリホスファターゼ(ALP)や電解質の項に重複するが、Ca、IPがある。

膵臓に関連した検査項目
膵臓に関連した項目では、アミラーゼ(AMY)、リパーゼなどがある。

■その他、メタボ検診などで用いられる生活習慣に関連した項目
生活習慣に関連した項目では、血糖グルコース)、ヘモグロビンA1c(HbA1c)、総タンパク(TP)、総コレステロール中性脂肪、LDLコレステロール、HDLコレステロールなどがある。

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 生化学検査(脂質)|検体検査(血液検査)[06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、生化学検査(脂質)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 生化学検査(脂質)とはどんな検査か 生化学検査(脂質)の目的... [ 記事を読む ]

  • 生化学検査(肝機能)|検体検査(血液検査)[06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、肝機能検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 生化学検査(肝機能)とはどんな検査か 生化学検査(肝機能)の目的 ... [ 記事を読む ]

  • 生化学検査(腎機能)|検体検査(血液検査)[06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、生化学検査(腎機能)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 生化学検査(腎機能)とはどんな検査か 生化学検査(腎機能)... [ 記事を読む ]

  • 生化学検査(糖尿病)|検体検査(血液検査)[06/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、糖尿病検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 生化学検査(糖尿病)とはどんな検査か 生化学検査(糖尿病)の目的 ... [ 記事を読む ]

  • 生化学検査の基準値一覧[06/20up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、生化学検査の基準値について解説します。   江口正信 公立福生病院部長   〈目次〉 電解質・金属 蛋白関連 含... [ 記事を読む ]

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1239
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1225
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1116
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1052
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
956
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
390
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者518

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!