看護用語辞典 ナースpedia キーワード:コレステロール

コレステロールとは・・・

最終更新日 2018/05/31

コレステロール(これすてろーる)は、全身の細胞膜、特に、脊髄肝臓に多く分布する、すべての高等動物に共通するステロール分子である。ステロール分子は、共通する分子構造を有し、これからヒドロキシ基 (-OH)を取り除いた分子構造をステロイド核という。

コレステロールは、細胞膜を構成したり、胆汁酸、ステロイドホルモンやビタミンDの素 (前駆物質)になったりする。ステロイドホルモンには、副腎皮質ホルモン (グルココルチコイド[糖質ステロイド]、アルドステロン[鉱質ステロイド]や、性ホルモン (エストロゲンプロゲステロン、アンドロゲン)がある。

コレステロールは、細胞膜において、膜の流動性、膜の硬さ、他の脂溶性物質の透過性の調節など重要な機能を担っている。また、神経細胞の軸索を覆う絶縁体であるミエリン鞘は、コレステロールを豊富に含んでいる。体内のコレステロールは、皮膚や肝臓でつくられたスクアレンを経て肝臓で生合成される。その他、食餌性に吸収されたり、胆汁酸が腸で再吸収されたりして体内に取り込まれる。肝臓でつくられたコレステロールはそのままでは水に溶けないため、血液中に円滑に移行できない。そのため、脂肪酸とエステル化合物を形成し、血漿中のリポタンパク質として全身に運ばれる。

動脈硬化の危険因子である脂質異常症は、高LDL(Low density lipoprotein/高比重リポタンパク質)コレステロール血症、低HDL(High density lipoprotein:/低比重リポタンパク質)コレステロール血症や高トリグリセリド血症を含む概念である。高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症は、心血管疾患の重要な危険因子である。LDLはコレステロールを肝臓から抹消に、HDLはこれを抹消から肝臓に運搬する。

執筆

園 真廉

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

新人ナースと超ドSドクターの胸キュンドラマ『恋つづ』|上白石萌音インタビュー

上白石萌音×佐藤健のラブコメディ♡ ナース役初挑戦への想いを聞きました! [ 記事を読む ]

呼吸管理で聞く「ETCO2」って、なに?

ETCO2とは何かから、カプノグラムの異常波形まで、知っとこう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

あなたはおみくじを引きますか?

投票数:
1589
実施期間:
2019年12月31日 2020年01月21日

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1392
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1267
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1184
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1109
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1041
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者685

◆整形の問題◆重度の脊髄損傷を負った場合、損傷高位以下の脊髄反射が一過性に消失することをなんと呼ぶでしょうか?

  • 1.随意収縮
  • 2.脊髄ショック
  • 3.完全麻痺
  • 4.不全麻痺
今日のクイズに挑戦!