看護用語辞典 ナースpedia キーワード:コレステロール

コレステロールとは・・・

最終更新日 2018/05/31

コレステロール(これすてろーる)は、全身の細胞膜、特に、脳、脊髄、肝臓に多く分布する、すべての高等動物に共通するステロール分子である。ステロール分子は、共通する分子構造を有し、これからヒドロキシ基 (-OH)を取り除いた分子構造をステロイド核という。

コレステロールは、細胞膜を構成したり、胆汁酸、ステロイドホルモンやビタミンDの素 (前駆物質)になったりする。ステロイドホルモンには、副腎皮質ホルモン (グルココルチコイド[糖質ステロイド]、アルドステロン[鉱質ステロイド]や、性ホルモン (エストロゲンプロゲステロン、アンドロゲン)がある。

コレステロールは、細胞膜において、膜の流動性、膜の硬さ、他の脂溶性物質の透過性の調節など重要な機能を担っている。また、神経細胞の軸索を覆う絶縁体であるミエリン鞘は、コレステロールを豊富に含んでいる。体内のコレステロールは、皮膚や肝臓でつくられたスクアレンを経て肝臓で生合成される。その他、食餌性に吸収されたり、胆汁酸が腸で再吸収されたりして体内に取り込まれる。肝臓でつくられたコレステロールはそのままでは水に溶けないため、血液中に円滑に移行できない。そのため、脂肪酸とエステル化合物を形成し、血漿中のリポタンパク質として全身に運ばれる。

動脈硬化の危険因子である脂質異常症は、高LDL(Low density lipoprotein/高比重リポタンパク質)コレステロール血症、低HDL(High density lipoprotein:/低比重リポタンパク質)コレステロール血症や高トリグリセリド血症を含む概念である。高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症は、心血管疾患の重要な危険因子である。LDLはコレステロールを肝臓から抹消に、HDLはこれを抹消から肝臓に運搬する。

執筆

園 真廉

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1326
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1143
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1133
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1016
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
927
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
716
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者941

★看護roo!は今日で7周年★
看護roo!のキャラクター「かんごるー」の体型は、ある野菜を元にしてます。その野菜は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.紫玉ねぎ
  • 2.にんにく
  • 3.らっきょう
  • 4.たまごナス
今日のクイズに挑戦!