看護用語辞典 ナースpedia キーワード:膵臓

膵臓とは・・・

最終更新日 2018/10/10

膵臓(すいぞう、pancreas)とは、膵液(消化液)を分泌する外分泌機能と、ホルモンを分泌する内分泌機能を有する後腹膜臓器である。

【解剖】
膵臓は、重さ約60~70g、長さ15cmほどの細長い器官である。後腹膜の正中部分、下降大動脈の前方辺りに脾動脈に沿うように位置している。膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部に分けられる。膵頭部は十二指腸で囲まれており、膵尾部は脾臓と接している。膵頭部は右端から上腸間膜動脈と上腸間膜静脈の境界部分までと定義され、残り部分を半分に分け、その内の右側を膵体部、左側を膵尾部と呼ぶ。
膵臓内には、膵管と呼ばれる膵液を十二指腸に流出する管腔構造がある。十二指腸に流出する直前で主膵管(ウィルスング管;Wirsung管)と副膵管(サントリーニ管;Santrini管)に分かれ、主膵管は膵臓内で総胆管と合流して大十二指腸乳頭(ファーター乳頭;Vater's papilla)に開口する。

【生理】
外分泌機能:から十二指腸へ食塊が入ることを契機として、消化管の内分泌細胞からコレシストキニンやセクレチンと呼ばれるホルモンが放出される。これらが膵臓の細胞に作用し、アミラーゼやリパーゼなどの膵酵素を分泌する。膵酵素は、糖質タンパク質脂質の三大栄養素などを分解する働きがある。
内分泌機能:膵臓の膵島(ランゲルハンス島;islets of Langerhans)と呼ばれる部位にα(アルファ)細胞、β(ベータ)細胞、δ(デルタ)細胞と呼ばれる3種類の細胞が存在する。α細胞はグルカゴンを分泌し、肝臓のグリコーゲンの分解を促進することで血糖値を上昇させる。β細胞は膵島細胞の70%ほどを占める最も多い細胞であり、インスリンを分泌することで細胞内へのグルコース取り込みを増やし、血糖値を下げる。δ細胞はソマトスタチンを分泌し、インスリンやグルカゴンなどの分泌を抑える役割がある。

図1膵臓とその周囲の消化器に関わる臓器

膵臓とその周囲の消化器に関わる臓器(肝臓、胆嚢、胃、十二指腸)のイラスト

図2膵臓とその周囲の臓器の解剖

膵臓とその周囲の臓器の詳細な解剖のイラスト。下大静脈、門脈、腹大動脈、固有肝動脈、腹腔動脈、脾動脈、上腸間膜動脈、上腸間膜静脈、総肝管、胆嚢管、胆嚢、十二指腸、十二指腸乳頭、大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)、膵頭、膵体、膵尾の様子を示す。

 

執筆

大久保祐希

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 食道・胃・小腸・胆嚢・膵臓の仕組み|食べる(3)[08/13up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、消化器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 消化酵素による分解の仕組み|食べる(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

  • 膵臓ホルモン|内分泌[02/24up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、膵臓ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 3... [ 記事を読む ]

  • 膵臓と脾臓のエコー像[08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

  • 膵臓からの消化液はオールマイティ?[09/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 胆汁はリサイクルされるって本当? 今回は「膵液」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   膵臓からの消化液はオー... [ 記事を読む ]

  • 肝臓、胆嚢、膵臓の構造[07/27up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「肝臓、胆嚢、膵臓の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.肝臓 2.胆嚢 3.... [ 記事を読む ]

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1130
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1027
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
925
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2981
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2798

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!