看護用語辞典 ナースpedia キーワード:脂質異常症

脂質異常症とは・・・

最終更新日 2018/01/23

脂質異常症(ししついじょうしょう/DL/dyslipidemia)とは、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)、中性脂肪(トリグリセライド)のいずれかが基準値より高いか、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準値より低い状態のことである。

【診断基準】
・LDLコレステロール140mg/dl以上
・中性脂肪150mg/dl以上
・LDLコレステロール40mg/dl未満

コレステロールには、主としてLDLコレステロールとHDLコレステロールがある。LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれており、肝臓から全身の細胞へコレステロールを運ぶ働きをしている。LDLコレステロールが上昇するとコレステロールの血管壁への沈着を促進させ、血管壁のアテローム形成を増長し、動脈硬化が進行する。HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれており、血管壁に付着する余分なコレステロールを取り除いて、肝臓へ運ぶ作用がある。HDLコレステロールの低値は、動脈硬化を進行させる。

コレステロールは、脂肪の消化を助ける胆汁酸や各種ホルモンを作り出す材料となる。中性脂肪は、全身に分布している脂肪細胞や筋細胞に貯蔵、またはエネルギーとして利用される。中性脂肪が過剰になると、血管の動脈硬化が進行する。

発症には、過食、運動不足、肥満、喫煙、飲酒、ストレスなどが関係しているといわれている。また遺伝的な要因によって起こる家族性高コレステロール血症と呼ばれているものもある。

脂質異常症をそのままにしておくと、動脈硬化が進行する。その結果、虚血性心疾患(狭心症心筋梗塞)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、下肢閉塞性動脈硬化症など生命にかかわる病気を引き起こす危険性が高くなる。

治療は、まず生活習慣の改善(禁煙、食事療法、運動療法、飲酒量の見直し)が基本である。生活習慣の改善で不十分な場合には、薬物療法を考慮する。

脂質異常症では、総コレステロールを予防や治療の基準にしていない。LDLコレステロールはFriedewaldの式(LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-中性脂肪×1/5)で計算する。ただし中性脂肪が400mg/dl以上の場合は直接測定法で計算する。

執筆

勝呂俊昭

菊名記念病院 総合診療科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1175
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1160
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1050
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
598
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2272

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!