コレステロールはなぜ必要なの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「コレステロールの必要性」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

コレステロールはなぜ必要なの?

コレステロールが多いと動脈硬化や脂質異常症(ししついじょうしょう)の原因になりますが、実は、コレステロールは私たちの生命を維持するために欠かせない重要な働きをしています。

 

その1つが、細胞膜の構成成分になることです。細胞膜はコレステロールとリン脂質からできています。コレステロールが不足すると、細胞膜が弱くなってウイルスや化学物質などの侵入を受けやすくなります。 

 

このほか、副腎皮質ホルモンや性ホルモンなど、ホルモンの材料になることもコレステロールの重要な役割の1つです。また、コレステロールは胆汁酸の主成分でもあります。胆汁酸の合成には1日に約700mgのコレステロールを必要とします。

 

MEMO動脈硬化

血管壁にコレステロールが沈着し、動脈の内径が狭くなったり、弾力を失ったり、硬くなったりする状態。

 

MEMO脂質異常症

血液中に溶け込む脂質(コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸)などのうち、特に、コレステロールと中性脂肪が適正な必要量よりも異常に増えた状態。
脂質異常症を放置すると動脈硬化の大きな原因になり、心筋梗塞脳梗塞の引き金になります。

 

COLUMN肥満、やせの基準

肥満・やせの基準には様々なものがありますが、国際的に用いられているのがBMI(Body MassIndex)です。 

 

BMI=体重kg÷(身長m×身長m) 

 

BMI値が18.5~24.9の範囲内であれば適正体重です。この数値が18.5未満であればやせ、25.0~29.9は肥満1度、30.0~34.9は肥満2度、35.0~39.9は肥満3度、40.0以上は肥満4度と分類されています。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ