看護用語辞典 ナースpedia キーワード:プロゲステロン

プロゲステロンとは・・・

最終更新日 2018/01/18

プロゲステロン(ぷろげすてろん、progesterone)とは、エストロゲンとともに、いわゆる女性ホルモンと総称される。

プロゲステロンは卵巣の黄体で形成されるため、黄体ホルモンとも呼ばれる。

【作用】
生理的な役割として、プロゲステロンは乳腺や子宮に作用するが、子宮に対する作用が特に重要である。

排卵後、黄体の発達とともに分泌量が増加し、受精卵が着床しやすくする変化を子宮に起こす。具体的には、子宮内膜機能層のらせん動脈をより増生させ、子宮内膜症が肥厚し、脱落膜様変化を起こす。肥厚した子宮内膜が脱落膜と呼ばれるのは、妊娠・出産すると、肥厚した子宮内膜は役割を終え剥がれ落ちるからである。

【プロゲステロンによる検査や治療】
検査において、月経における基礎体温の高温相はプロゲステロンの作用により起こるため、卵巣機能不全などの診断などに重要である。

また、プロゲステロンのみ欠乏している第1度無月経と、エストロゲン・プロゲステロンが両者とも欠乏している第2度無月経の鑑別のために行われるスターゲン検査においてもプロゲステロンは使用されている。

治療において、低用量ピルに代表される経口避妊薬はエストロゲンとプロゲステロンの合剤で、排卵の抑制などによる避妊効果や、月経困難症・子宮内膜症の症状緩和にも使用されている。また、更年期障害の治療としてホルモン補充療法にも使用されている。

執筆

小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1355
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1255
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1107
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1077
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
928
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
725
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1018

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!