看護用語辞典 ナースpedia キーワード:プロゲステロン

プロゲステロンとは・・・

最終更新日 2018/01/18

プロゲステロン(ぷろげすてろん、progesterone)とは、エストロゲンとともに、いわゆる女性ホルモンと総称される。

プロゲステロンは卵巣の黄体で形成されるため、黄体ホルモンとも呼ばれる。

【作用】
生理的な役割として、プロゲステロンは乳腺子宮に作用するが、子宮に対する作用が特に重要である。

排卵後、黄体の発達とともに分泌量が増加し、受精卵が着床しやすくする変化を子宮に起こす。具体的には、子宮内膜機能層のらせん動脈をより増生させ、子宮内膜症が肥厚し、脱落膜様変化を起こす。肥厚した子宮内膜が脱落膜と呼ばれるのは、妊娠・出産すると、肥厚した子宮内膜は役割を終え剥がれ落ちるからである。

【プロゲステロンによる検査や治療】
検査において、月経における基礎体温の高温相はプロゲステロンの作用により起こるため、卵巣機能不全などの診断などに重要である。

また、プロゲステロンのみ欠乏している第1度無月経と、エストロゲン・プロゲステロンが両者とも欠乏している第2度無月経の鑑別のために行われるスターゲン検査においてもプロゲステロンは使用されている。

治療において、低用量ピルに代表される経口避妊薬はエストロゲンとプロゲステロンの合剤で、排卵の抑制などによる避妊効果や、月経困難症・子宮内膜症の症状緩和にも使用されている。また、更年期障害の治療としてホルモン補充療法にも使用されている。

執筆

小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(3)

認知症の患者さんが食事を引き出しに隠した理由とは…。あなたはどう考える? [ 記事を読む ]

急変時のルート確保、どうすればいい?

ショック状態や心肺停止など、急いでルート確保が必要なときのワザを紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3156
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1240
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1150
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1103
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
996
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
743
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6629

◆新生児の問題◆胎児水腫に関連しないものはどれでしょうか?

  • 1.胎児心不全状態
  • 2.血液型不適合妊娠
  • 3.胎児貧血
  • 4.羊水過少
今日のクイズに挑戦!