1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 副腎皮質ホルモンはどんなもの?

2017年10月09日

副腎皮質ホルモンはどんなもの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「副腎皮質ホルモン」に関するQ&Aです。

副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンはどんなもの?

副腎皮質ホルモンは、コレステロールから合成されるステロイドホルモンで、電解質や糖の代謝に関与しています。副腎皮質ホルモンには電解質コルチコイド、糖質コルチコイド、アンドロゲン、エストロゲンがあります。 

電解質の代謝を行っているホルモンの総称が、電解質コルチコイド(ミネラルコルチコイド)です。

主として働くのはアルドステロンというホルモンになります。アルドステロンは腎臓に作用し、ナトリウムの再吸収とカリウムの排泄を促して体液のバランスをとっています。また、ナトリウムとともに水が移動することになるので、体血液循環量の減少が予防されます。 

糖質コルチコイド(グルココルチコイド)は糖質代謝を調節するホルモンです。

主として働くのはコルチゾールというホルモンで、グリコーゲンの生成と貯蔵を促進します。食事から摂取する炭水化物が不足した場合、タンパク質を使って糖新生を行い、血糖値を上昇させて一定に保ちます(「糖質を毎食とる必要があるのはなぜ?」参照)。また、コルチゾールには抗炎症作用、利尿作用などもあります。 

これらの副腎皮質ホルモンの分泌が亢進すると、クッシング症候群やアルドステロン症が生じます。反対に、分泌が低下するとアジソン病を発症します。

 

MEMOクッシング症候群

副腎皮質ホルモンのコルチゾールの分泌過剰による症候群。高血圧、肥満、(ムーンフェイス満月様顔貌)、多毛などが主な症状です。

MEMOアルドステロン症

副腎皮質ホルモンであるアルドステロンの分泌過剰によって発症し、高血圧、低カリウム血症による筋力減退、多飲、多尿などが生じます。

MEMOアジソン病

副腎皮質が結核などにより広い範囲で障害されることにより、多くの副腎皮質ホルモンが欠如した状態。食欲不振、悪心、嘔吐、皮膚や粘膜の乾燥、皮膚の色素沈着のほか、無気力、精力減退、全身衰弱、低血圧など多様な症状が現れます。

COLUMN副腎皮質ホルモンと血圧の関係

副腎皮質ホルモンの電解質コルチコイド(アルドステロン)による血圧調節は、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系で行われます。 血圧低下の原因として血流量の低下があります。血流量の減少をキャッチするのは、血液の濾過を行っている腎臓です。 腎臓で血流量が減っていることが分かると、傍糸球体細胞からレニンというホルモンが分泌されます。

レニンが血液中のアンジオテンシノゲンに作用し、アンジオテンシンⅠに変換されます。アンジオテンシンⅠは、血管内皮細胞膜にあるアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きにより、アンジオテンシンⅡに変換されます。アンジオテンシンⅡには強力な血管収縮作用があり、これによって血圧は上昇します。 

さらに、アンジオテンシンⅡは副腎に作用し、副腎皮質からの電解質コルチコイド(アルドステロン)の分泌を促進させます。アルドステロンにはナトリウムの再吸収を促す作用がありますので、腎臓の尿細管ではナトリウムが次々に再吸収されていきます。すると、ナトリウムと一緒に水分も再吸収されるため細胞外液が増加し、循環血液量が増加して血圧も上昇します。

アンジオテンシンⅡによる血管収縮と、アルドステロンの作用による血液量の増加というダブルの仕掛けで、血圧は上昇するのです。

MEMOレニン

腎臓から分泌されるホルモンでレニン・アンジオテンシン・アルデステロン系を介して血圧を上昇させます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

著作権について / 引用・参考文献

この連載

  • 胃腸管(消化管)ホルモンと消化酵素はどう違うの? [10/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「胃腸管ホルモンと消化酵素の違い」に関するQ&Aです。 胃腸管(消化管)ホルモンと消化酵素はどう違うの? 胃腸管(消化管)からは食物を消化するための酵素が分泌されてい... [ 記事を読む ]

  • 副腎髄質から分泌されるホルモンは何? [10/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「アドレナリンとノルアドレナリン」に関するQ&Aです。 副腎髄質から分泌されるホルモンは何? 副腎髄質は副腎の中央部にあり、交感神経の支配を受けています。従って、交感... [ 記事を読む ]

  • 副腎皮質ホルモンはどんなもの? [10/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎皮質ホルモン」に関するQ&Aです。 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンはどんなもの? 副腎皮質ホルモンは、コレステロールから合成されるステロイドホルモンで、電解...

  • 副腎と腎臓は関連があるの? [10/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎と腎臓」に関するQ&Aです。 副腎と腎臓は関連があるの? 副腎と腎臓は名前が似ていて場所も近くであるとはいえ、働きのうえでは全く関連がありませんし、副腎が腎臓の... [ 記事を読む ]

  • 「ランゲルハンス島」というのはなぜ? [09/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ランゲルハンス島」に関するQ&Aです。 ランゲルハンス島というのはなぜ? 膵臓にある内分泌器官をランゲルハンス島といいますが、なぜこのような名前がついたのでしょう。... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 内分泌の階層的調節|内分泌 [01/27up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 ホルモンの化学構造|内分泌 今回は、内分泌の階層的調節について解説します。 〈目次〉 視床下部ホルモンと下垂体前葉ホル... [ 記事を読む ]

  • 肺の構造とガス交換|呼吸する(3) [08/03up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 呼吸系の器官のしくみ|呼吸する(2) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を探る旅... [ 記事を読む ]

  • 骨の機能|動く(2) [09/19up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 意思で動かせられる骨格筋|動く(1) 解剖生理学の面白さを知るため、自分の意思で... [ 記事を読む ]

  • 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) [09/10up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 中枢神経と末梢神経|感じる・考える(2) 解剖生理学の面白さを知るため、情報を分析... [ 記事を読む ]

  • 血液を浄化する腎臓のはたらき|体液の調節から理解する(1) [11/21up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、体液の調節から解剖生理を理解するお話の1回目です。 〈前回の内容〉 呼吸の調節|ガスの流れから理解する(3) 前回は、呼吸... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

仕事での調べ物、何が一番多い?

投票数:
805
実施期間:
2017年09月29日 2017年10月20日

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
593
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
692
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
579
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
493
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
375
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1654

胎内の胎児が、出生後の生活に向けて行う、肺呼吸を円滑に行うための準備運動を何というでしょうか?

  • 1.肺サーファクタント
  • 2.胸郭運動
  • 3.嬬動様運動
  • 4.呼吸様運動
今日のクイズに挑戦!