1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 副腎皮質ホルモンはどんなもの?

2017年10月09日

副腎皮質ホルモンはどんなもの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「副腎皮質ホルモン」に関するQ&Aです。

副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンはどんなもの?

副腎皮質ホルモンは、コレステロールから合成されるステロイドホルモンで、電解質や糖の代謝に関与しています。副腎皮質ホルモンには電解質コルチコイド、糖質コルチコイド、アンドロゲン、エストロゲンがあります。 

電解質の代謝を行っているホルモンの総称が、電解質コルチコイド(ミネラルコルチコイド)です。

主として働くのはアルドステロンというホルモンになります。アルドステロンは腎臓に作用し、ナトリウムの再吸収とカリウムの排泄を促して体液のバランスをとっています。また、ナトリウムとともに水が移動することになるので、体血液循環量の減少が予防されます。 

糖質コルチコイド(グルココルチコイド)は糖質代謝を調節するホルモンです。

主として働くのはコルチゾールというホルモンで、グリコーゲンの生成と貯蔵を促進します。食事から摂取する炭水化物が不足した場合、タンパク質を使って糖新生を行い、血糖値を上昇させて一定に保ちます(「糖質を毎食とる必要があるのはなぜ?」参照)。また、コルチゾールには抗炎症作用、利尿作用などもあります。 

これらの副腎皮質ホルモンの分泌が亢進すると、クッシング症候群やアルドステロン症が生じます。反対に、分泌が低下するとアジソン病を発症します。

 

MEMOクッシング症候群

副腎皮質ホルモンのコルチゾールの分泌過剰による症候群。高血圧、肥満、(ムーンフェイス満月様顔貌)、多毛などが主な症状です。

MEMOアルドステロン症

副腎皮質ホルモンであるアルドステロンの分泌過剰によって発症し、高血圧、低カリウム血症による筋力減退、多飲、多尿などが生じます。

MEMOアジソン病

副腎皮質が結核などにより広い範囲で障害されることにより、多くの副腎皮質ホルモンが欠如した状態。食欲不振、悪心、嘔吐、皮膚や粘膜の乾燥、皮膚の色素沈着のほか、無気力、精力減退、全身衰弱、低血圧など多様な症状が現れます。

COLUMN副腎皮質ホルモンと血圧の関係

副腎皮質ホルモンの電解質コルチコイド(アルドステロン)による血圧調節は、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系で行われます。 血圧低下の原因として血流量の低下があります。血流量の減少をキャッチするのは、血液の濾過を行っている腎臓です。 腎臓で血流量が減っていることが分かると、傍糸球体細胞からレニンというホルモンが分泌されます。

レニンが血液中のアンジオテンシノゲンに作用し、アンジオテンシンⅠに変換されます。アンジオテンシンⅠは、血管内皮細胞膜にあるアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きにより、アンジオテンシンⅡに変換されます。アンジオテンシンⅡには強力な血管収縮作用があり、これによって血圧は上昇します。 

さらに、アンジオテンシンⅡは副腎に作用し、副腎皮質からの電解質コルチコイド(アルドステロン)の分泌を促進させます。アルドステロンにはナトリウムの再吸収を促す作用がありますので、腎臓の尿細管ではナトリウムが次々に再吸収されていきます。すると、ナトリウムと一緒に水分も再吸収されるため細胞外液が増加し、循環血液量が増加して血圧も上昇します。

アンジオテンシンⅡによる血管収縮と、アルドステロンの作用による血液量の増加というダブルの仕掛けで、血圧は上昇するのです。

MEMOレニン

腎臓から分泌されるホルモンでレニン・アンジオテンシン・アルデステロン系を介して血圧を上昇させます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 胃腸管(消化管)ホルモンと消化酵素はどう違うの? [10/16up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「胃腸管ホルモンと消化酵素の違い」に関するQ&Aです。 胃腸管(消化管)ホルモンと消化酵素はどう違うの? 胃腸管(消化管)からは食物を消化するための酵素が分泌されてい... [ 記事を読む ]

  • 副腎髄質から分泌されるホルモンは何? [10/13up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「アドレナリンとノルアドレナリン」に関するQ&Aです。 副腎髄質から分泌されるホルモンは何? 副腎髄質は副腎の中央部にあり、交感神経の支配を受けています。従って、交感... [ 記事を読む ]

  • 副腎皮質ホルモンはどんなもの? [10/09up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎皮質ホルモン」に関するQ&Aです。 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンはどんなもの? 副腎皮質ホルモンは、コレステロールから合成されるステロイドホルモンで、電解...

  • 副腎と腎臓は関連があるの? [10/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「副腎と腎臓」に関するQ&Aです。 副腎と腎臓は関連があるの? 副腎と腎臓は名前が似ていて場所も近くであるとはいえ、働きのうえでは全く関連がありませんし、副腎が腎臓の... [ 記事を読む ]

  • 「ランゲルハンス島」というのはなぜ? [09/29up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「ランゲルハンス島」に関するQ&Aです。 ランゲルハンス島というのはなぜ? 膵臓にある内分泌器官をランゲルハンス島といいますが、なぜこのような名前がついたのでしょう。... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

祝☆書籍発売!ぴんとこなーすができたわけ

「看護はつらいよ楽しいよ」魅力伝えるマンガを描くに至った想いとは? [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
902
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
819
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
808
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
763
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
621
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
699
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
668
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日

「師長自慢」ありますか?

投票数:
508
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者152

慢性関節リウマチの加療中に肺炎を来し、一般病棟に入院中の70歳女性。呼吸停止に陥ったため、バッグマスク換気後に、医師が喉頭鏡を使用した気管挿管を試みていますが、挿管困難の状態です。SpO2は85%を示しています。経口気管挿管時の困難事例への介助方法として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.高さ5~10cm程度の枕を頭下に挿入し、患者さんの体位を整える。
  • 2.30秒経っても気管挿管が成功しない場合には、バッグマスク換気をすることを医師に伝える。
  • 3.エアウェイスコープ®やMcGRATHTMなどのビデオ喉頭鏡の使用も考慮する。
  • 4.輪状軟骨圧迫法を実施する。
今日のクイズに挑戦!