看護用語辞典 ナースpedia キーワード:クッシング症候群

クッシング症候群とは・・・

最終更新日 2019/02/19

クッシング症候群(くっしんぐしょうこうぐん、Cushing's syndrome)とは、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌されることで起こる症候群であり、副腎過形成、副腎腫瘍、下垂体腺腫などが原因となる。

【病因】
クッシング症候群は、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)との関連で、ACTH依存性と非依存性に分類される。
ACTH依存性には、クッシング病(下垂体腺腫からのACTH過剰分泌)、異所性ACTH産生腫瘍(肺小細胞がん、胸腺腫など)などが含まれる。
非ACTH依存性は、医原性(ステロイド投与)や副腎腫瘍(副腎腺腫95%、副腎がん5%)が多いが、その他のまれな原因として、原発性副腎過形成などが含まれる。

【症状・徴候】
主にコルチゾールの過剰分泌による症状が認められる。ACTH依存性クッシング症候群、副腎がんではアンドロゲン過剰による症状も伴う。
・中心性肥満:満月様顔貌と体幹部は肥満し、四肢は細いのが特徴。バッファローハンプ(水牛様脂肪沈着)
皮膚症状:皮膚線条、皮膚脆弱性
筋肉・骨症状:筋力低下、骨粗しょう症、脊椎圧迫骨折、尿路結石
・循環器症状:高血圧、下腿浮腫
・性腺症状:月経異常、男性化症状

【検査】
クッシング症候群が疑われる場合には0.5~1mgの低用量デキサメタゾン抑制試験を行う。血中コルチゾール値が基準値以下に抑制されない場合にクッシング症候群の診断となる。その後に病型分類のために、各種負荷試験、画像検査(CT/MRI、副腎皮質シンチグラフィなど)を行う。負荷試験には、デキサメタゾン抑制試験、CRH試験、DDAVP試験などが含まれる。血漿ACTH、コルチゾール、尿中17-OHCSなどを測定する。

【治療】
原因に応じて治療方法は異なる。原則、腫瘍は手術もしくは放射線治療により治療する。

執筆

松岡由典

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 医療疫学分野

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • クッシング病とクッシング症候群|内分泌[02/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、クッシング病とクッシング症候群について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次... [ 記事を読む ]

いちおし記事

新人ナース必見!持っておきたいナースグッズ12選

「とりあえずこれだけ持っとけば大丈夫!」現役看護師厳選のグッズを徹底解説! [ 記事を読む ]

心電図のキホン、ここだけはおさえておこう!

基準値、異常な波形いろいろ、心電図実施時のポイントなどをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「新人だった頃の私」に言いたいことは?

投票数:
1245
実施期間:
2020年03月17日 2020年04月07日

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
2864
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1128
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1036
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
904
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
641
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者978

◆医療安全の問題◆看護師が行う個人情報取り扱いについて、以下の中で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.患者さんの家族から、患者さんの状態について教えてほしいと電話があったので、説明した。
  • 2.死亡した患者さんの看護内容を、看護研究で発表した。
  • 3.Aさんの処置中に、Bさんから声をかけられたので、処置後、Aさんの情報を挟んだファイルをAさんのサイドボードにおいてBさんの元に行った。
  • 4.患者さんに「自分のカルテを見せほしい」と言われたので、手続きを踏めば可能であることを伝えた。
今日のクイズに挑戦!