1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 知っておきたい臨床で使う指標

2016年05月25日

知っておきたい臨床で使う指標【総目次】

 

根本 学
(埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長

 

はじめに

臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。
指標を上手く使いこなすことができると、どのような検査や処置が必要になるかをドクターや先輩ナースからの指示がある前に予測できるようにもなります。

 

ここでは、毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方などについて解説します。
ぜひ、本文の例題に何度もチャレンジし、指標を身に付けてみてください。きっと、今よりも患者さんの状態を理解できるようになっているはずです。

 

総目次

 

全身状態

 

 

循環器

 

 

呼吸器

  • A-aDO2(肺胞気動脈血酸素分圧較差)
  • RI(呼吸酸素化係数)
  • OI(酸素化指数)
  • ARDSとALIの診断基準

 

 

神経系

  • SjO2(内頚静脈血酸素飽和度
  • NIHSS(脳卒中神経学的重症度の評価スケール)
  • CT による脳出血量の推定

 


[執筆者]
根本 学
埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長


 

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • インフルエンザ【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【19】 [10/31up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • ケリー鉗子|鉗子(6) [02/05up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『ケリー鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • 総目次:抗がん剤A・B・C [05/24up]

    はじめに 連載『抗がん剤A・B・C』では、岡山大学病院で抗がん剤治療に携わっている各分野の先生方に、主要ながん種のレジメン23種についてわかりやすく解説していただきました。 特に、抗がん剤による副作用のマネジメン... [ 記事を読む ]

  • 人工呼吸中に圧外傷が起こってしまったら、どうする? [10/23up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「人工呼吸中の圧外傷」に関するQ&Aです。 圧外傷が起こってしまったら、どうする? 圧外傷により肺胞が破裂すると、気胸が起こります。 特に、陽圧換気中は... [ 記事を読む ]

  • FASTで外傷患者の緊急処置の必要性を判断 [10/12up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「FASTで外傷患者の緊急処置の必... [ 記事を読む ]

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1273
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1165
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1157
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1065
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
886
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
388
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者83

以下の患者さんを、PAT法を使ってトリアージをした場合、適切な評価はどれでしょうか?
50代の女性。呼吸回数24回/分。血圧80/40mmHg。脈拍120回/分。
橈骨動脈微弱で末梢冷感あり。声かけに容易に反応あり。『お腹が痛い』と話している。
右上腹部打撲痕および、右腹部圧痛あり。

  • 1.生理学的評価では循環に異常があるため、カテゴリーは赤。解剖学的評価は腹部圧痛、右上腹部打撲痕があることから、カテゴリーは赤となる。
  • 2.意識レベルは低下していないため、生理学的評価ではカテゴリーは黄。解剖学的評価は、右上腹部に打撲痕があるため、カテゴリーは黄となる。
  • 3.橈骨動脈微弱のため、生理学的評価ではカテゴリーは赤。解剖学的評価は、右上腹部打撲痕があることから、カテゴリーは黄となる。
  • 4.呼吸回数24回/分、意識レベル清明で生理学的評価は黄色のため、最終的な優先順位のカテゴリーは黄となる。
今日のクイズに挑戦!